大学院生は学生か?

大学院生は普通に考えれば22歳以上だし、医学部卒だと24歳以上だ。つまり成人。
学生は学生だけど、学生か?

なんだか禅問答みたいになってしまったが、
うちのラボには若い修士の学生さんがいた。
かわいい女の子で、生物系の大学を卒業しているわけではないので一から分子生物学を勉強するわけで、ガッツあるなーなんて思ってた。

1年目は博士課程の院生にくっついてがんばってた。
もちろん毎日来ていたし、わからないことが多いながらも夜遅くまで実験もしてた。
が。
2年目になって失速。
理由は「自分のテーマがもらえなかったから。」「先生の雑用ばかりさせられてる。」
・・・・・
週1回休むようになり、夜も早めに帰るようになり、実験もあんまり気合がはいっていなさそうになり・・・まあ、それでも言われたことはやってたようだった。
2年目だし、卒業もあるし、ボスが学会発表をさせた。
日本でやるけど国際学会と同時開催だったし、いろんなラボの人と知り合いになれる絶好の機会だというのに、1ヶ月前になっても準備する気配なし。まあ、博士課程の院生と同じねたといえばそうだけど、英語にしないといけないし、発表原稿だってあるのに、どうするんだろうって思ってた。1週間前になり、「来週、チェックするからね。」と言われてた。ちょっと心配だったけど、彼女の仕事だし、私より何度も発表を聞いているからわかっているのだと思ってた。
が、学会直前になって彼女の頭は学会ついでにどこで観光するかということや安いホテルはどこかということや、学割で新幹線を買わないといけないということばかりだった。
そして、研究室で発表のチェックをされたとき。
英語の原稿は当然出来てない。
ボスがいらっとしながら「日本語でいいから説明してよ」といったけど、
日本語でも「あれ?これは何のフィギュアでしたっけ?」とかいって時間の配分もあったものではない。1年目の終わりに例会で発表したときのほうがずっとよかったくらいだ。
まわりの院生はみんな必死に彼女を助けようとしたけど本人はケロリ。
なんとなく「私の仕事じゃないし。」という意識が伝わってきた。
結局ボスは博士課程の院生に「よろしく。」と頼んで去っていった。
その院生は優しい、まじめないい人だったから英語の発表原稿も用意したし、当日も結局彼が質問の説明を受けていた。彼女は端のほうでにこにこしているだけだった。

その後、彼女飲みに行った。
彼女の口から出るのはボスの悪口ばかり。
「私のこと雑用係だと思ってるんですよ。」「何も教えてくれない」「1年目で私を採ってくれた借りはもう返した。」

聞いているうちに、若い頃の自分をちょっと思い出して苦い気持ちになった。
あなたのこと、先生ははじめとてもかわいがってたんだよ。
わたしなんかより、やる気のある若い学生のほうがいいっていってたもの。
でもね、あなたは目の前の仕事を一生懸命やる姿勢をボスに見せなかったのが敗因だとおもうよ。
ボスは仕事には厳しい人。
一度教えたことを2回以上間違えたらもうその仕事からははずされる。
それは、大人の世界では当たり前のことだよ。
お給料もらう仕事になったらそんな態度は許されないよ。
学生だから何でも教えてもらえるのは高校生までだよ。

大人相手にけんかしないで、表面上だけでも波風たてないで卒業したほうがいい。
先生には「指導してもらって感謝している」と言ったほうがいい。
いつ、なんどき、その人に助けてもらうかわからない。
人は人とつながって生きているから。

ただ働き、とあなたは言うけど、この時間はあなたがお金をかけて獲得したものなんだよ。
だから有効に活用してほしい。将来のために。そのお金を払っているのは親かもしれないけど。

いくら言っても、もう彼女の耳にも、心にも届かないようだったけど。

私は、同じ院生だけど、自分の稼いだお金で自分の意思で院に行ったからいい仕事をしてきちんと卒業したいと思っているよ。将来は研究しないかもしれないけど。お金もらえる仕事だけが、仕事じゃないんじゃないかな。
by runa123 | 2007-02-23 16:12 | お仕事


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
ある行政機関で働く集中治...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧