カテゴリ:子育て( 43 )

うれしすぎる

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

昨日、担当症例が大量出血して本当に大変でした。
でもなんとか無事に終わりました。
おかげで娘のお迎えに行けず、パパに行ってもらいました。(Special thanks. )

へとへとで家に帰りついた私が
「ママ、もう疲れて死にそう」

というと、
娘がかけよってきて

「ママ、大丈夫?Mちゃんが守ってあげるからね!」
だって。

かわいすぎる。うれしすぎる。
疲れもふっとんだよーーーー。ありがとう。

最近、ときどき、私はこの小さい人に支えられてるなあ、と思います。


あ、ちなみに、娘のセリフはポニョのぱくりです。笑
by runa123 | 2009-06-16 17:47 | 子育て

ママは優しいね

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

眠りにつく前、娘が私の目を見つめて言います。

「ママは優しいね。ママ大好き」

今日は特にイライラしていてあなたのことをたくさん叱りました。
ママーと呼んだのに、すぐに行ってあげず、「ちょっと待って」をたくさん繰り返しました。
「早くしなさい」とたくさん言いました。
「もういい加減やめなさい」と遊びをやめさせました。

「まったくもう・・・あんたって子は」とも言いました。


それなのに。

それなのに。

それなのに、あなたは、天使のように微笑んで「ママって優しいね」
っていうんだよ。

ごめんね。
明日はもっといい日になりますように。
by runa123 | 2009-06-08 23:25 | 子育て

かねてから夢だったこと

のひとつ、「娘とお菓子作り」を昨日初めてしました!
っていっても、クッキーミックスでクッキー焼いただけなんですが。
娘に型抜きしてもらって。

でも楽しかったー。普段のお菓子よりおいしく感じました。(ほとんど娘が食べたんですが。)写真撮り忘れたのが残念。

娘も楽しかったー、またしようね、って言ってくれたし。

3歳になったらピンクの包丁を買ってね、なんて言ってた。笑

こうやってしこんでおけば後あと楽?なんて。うっしっし。
by runa123 | 2009-06-01 03:43 | 子育て

社会の決まり

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

娘がなんでもわかっているのだな、と気づくと同時に、どうして時々、人の言うことを無視して走りまわったり、ふざけたりするのだろう、と思った。

保育園も慣れてきて、近頃は朝別れる時に泣くこともなくなり、お友達もだんだん増えてきたようで、生活も少し落ち着いてきた。

ここらで少し、真剣に、娘に向き合ってみよう、と思った。

まず、娘をできるだけ早く迎えることにした。今まで帰宅して夕食を用意してから迎えに行っていたのだが、保育園も変わって延長保育では不安げにしているので延長の始まる6時までには必ず迎えに行くようにした。食事の内容はいま一つになってしまうので今後はもう少し考える必要がありそうだが、やはり6時過ぎに迎えるより元気だし、6時に捕食を食べてしまうとその後夕食を食べなくなってしまうので、6時前に迎えに行くほうが良いようだ。

夕食を済ませてお風呂を準備したら今までPCに向かったり家事をしたりしながら娘にはちょっとテレビを見てもらったりしていたのだけど、それをやめて、お風呂に入るまでちゃんと一緒に遊ぶことにした。

一緒に遊んでみて、娘が何でも言葉を理解し、また理解した言葉を自分で使ってみようとしていることもわかったし、ごっこ遊びが非常にリアルで進化していることに驚いた。前から保育士さんごっこが大好きだったのだけど、今は「お母さんごっこ」といって私のまねをしながら叱ったりあやしたりしながらせっせとぬいぐるみを育てたり、ピーターパンのウエンディやシンデレラがお気に入りらしく、「ウエンディごっこ」、「シンデレラごっこ」をDVDのセリフを忠実に再現しながらやっている。これが結構見ていて飽きない。

そうやって30分から1時間弱一緒に遊ぶと今までは泣き叫んで嫌がっていたお風呂も素直に「入る」というし、その後もあまり「遊んで、本を読んで!」とキイキイ言ったりしないように思う。

一緒に遊び、娘をよくよく見て付き合うと、2歳ながら「自分をちゃんと扱ってほしい」と全身でアピールしていることに今更ながら気づかされる。

でもやっぱり2歳だから「社会の決まり」を理解するのはちょっと時間がかかるようだ。自分のしたいこと、と、それが及ぼす結果について考えて行動するっていうのは高度なことなのだなあ、と思う。その判断を自然にできるように繰り返し、繰り返し、基本的なきまりが社会にあるとうことを教えていくのが私の仕事なのだと改めて認識した。

社会の決まり、がみんなが気持よく安全に幸せに生きていくために必要なことで、そのために個人個人がある程度自由を制限されるということは、こんな小さなうちから学んでいっていることなのだなあ。

今の社会で「決まりの守れない」大人が多いのにびっくりするし、あきれることが多いけれど、決まりを守ることはとても長い間かけて人間に叩き込まれることなんだね。それをおろそかにして知識や教養を言ったら本末転倒なんだなあ。

とても当たり前で、とても大事なことを気づかされました。

自分もしっかり考えよう。そして守っていこう。「社会の決まり」
私と、娘と、これからの未来のために。
by runa123 | 2009-04-15 01:28 | 子育て

育児は育自

すてきな動画を見つけました。
2歳児の娘はイヤイヤ期まっさかり。
時には「ほんとにもう!!!」と頭にきてしまうことも。
でも、まだこの世に生まれて2年とちょっと。この子が私のところへ来てくれたときの喜びをまた、思い出しました。




私は弱いけれど、娘に強くしてもらっている、と思う今日この頃です。

今日は当直で会えないけれど、心から大切に思っているよ。
ありがとう、
生まれてきてくれて。
by runa123 | 2009-02-28 00:10 | 子育て

抗生物質

私の咳がひどいのと、娘の咳もかなり長びいている(かれこれ3週間・・・)なので今週もまた、小児科を受診した。

私のオフ日の木曜日はかかりつけのS小児科が休診日でとても困っていたのだけれど、S小児科で働いていたM先生が開業されて木曜日もあいているので今月はずっとM先生に診てもらっている。

M先生は40代の女医さん。まだ開業したてなせいか、それほど混んでもなくて予約もとりやすいし、先生もゆっくり話を聞いてくれる。ありがたや。

診察してもらい、娘は肺の音はきれいだから大丈夫、ということで風邪薬。
私は肺の音はOKだけど、咳が長いのでマイコプラズマも想定して抗生剤を出しましょう、と。娘もそちらからうつってる可能性もあるから一応抗生剤も出しておくね。と。

抗生物質にについては、今までかかりつけにしてたS先生(地元じゃちょっと有名な小児科のDr)が「風邪には出しません」と宣言。地域のママ友にはちょっとした話題となっていた。ママ友の間では「耳鼻科行けばたくさん出るけどね・・・」なんて。

私も医者のはしくれなので、ウィルス感染症に抗生剤がきかないのは当然わかっているけど、こうも長くなってくるとちょっと気をもんでしまったりする。(今までが元気すぎたのかもしれないけど。)

というわけでM先生に抗生物質について聞いてみた。
先生はパンフレットを提示しつつ、きちんと説明してくれた。

「こどもの感染症の多くはウィルス性で抗生物質を飲まなくても自然に治る。抗生物質を『念のため』と言って処方することで耐性菌が増えて、よけいに中耳炎などは治りにくくなっている。外来小児科学会では不要な抗生物質を使用しないようにしよう、という取り組みがされてる。一番恐ろしいのは細菌による化膿性髄膜炎で、これが耐性菌によるものだと抗生物質が効かないので大変困る。中耳炎も最近諸外国では抗生物質を使用せずに治療するという方向になってきてる。これもまた、耐性菌を減らすための取り組みである。」

なるほどーーー。

漠然と、「風邪には抗生物質は効かないから出さないのねー。」なんて思っていたけど、納得。

麻酔科は集中治療をされる先生は別ですが、抗生物質にはあまり詳しくないので(私だけかもしれないが・・・汗)、せめて抗生物質のチョイスがあってるのか間違ってるのかがわかる程度には勉強しないとなー、と大反省したのでした。

夫いわく、病院でも近頃の研修医は感染症治療について経験的な処方ではなく、EBMにのっとった治療をしよう、と勉強会などを開いているそうで。

以前東京の勉強会で神戸大の岩田健太郎先生のレクチャーを聴いて勉強しようと買っておいた本、読んでみるかな。(←読めよ、ぢぶん。)
by runa123 | 2008-11-28 05:22 | 子育て

2歳になりました

ちいさなあなたへ
アリスン・マギー / / 主婦の友社
ISBN : 4072559938
スコア選択: ※※※※※

書店でふと手にとって・・・・号泣。



小さかった娘もあっという間に2歳。

小さな足で駆け回り、お話も上手にするようになりました。



あっという間に私から巣立っていくのだろうな・・・



いつまでもどうか、幸せに。

そんな思いで胸がいっぱいになりました。
by runa123 | 2008-09-25 14:56 | 子育て

お誕生日おめでとう

去年の今、あなたが産まれた。

あれから1年が過ぎたんだ。あっという間だったね。

小さくてはかなげだったあなたも、今ではすっかりずっしりと重くなって、しかも、
自分の小さな足ですっくと立って、トコトコ歩くようになりました。

この1年の成長は本当にすごいね。

あなたの成長とともに、私もいろんなことを感じ、学びました。

自分のふがいなさ、頼りなさに泣いた日もありました。
あなたのことが心配で夜も眠れないときもありました。
だけど、あなたといて、すっごく幸せ、と何度思ったことか。

ありがとうね。これからも一緒に楽しく暮らそう。
by runa123 | 2007-09-25 00:08 | 子育て

もう1年

悠仁さま、満1歳の誕生日 健やかに成長

「うちも、うちも~」という気分に。
去年の今頃は「あー、先越された。」とか「紀子様騒がれちゃってずるーい。(何が?)」なんて思ってた。←バカ

そう、あれからもう1年。早いなあ。
3キロくらいだった娘も今はほとんど10キロになり、二足歩行にチャレンジ中。
人生のうちで最も成長した1年だものね。

つらいこともあった、落ち込んだこともあった。
でもやっぱりうれしくて、楽しくて、幸せなことのほうがずっと多かった1年。
どうもありがとう。これからも一緒に成長していこうねー。姫様。
by runa123 | 2007-09-06 10:36 | 子育て

自分の存在が喜ばれているということ

母が遊びに来てくれた。
娘は人見知りなのではじめは大泣きしていたが次第に慣れてきた。

母が娘の一挙一動に喜び、かわいいねえ、すごいねえ、と褒めちぎるので、すっかり娘はうれしくなり、「どうぞ」「ちょーだい」や、「いないいないばあ」や「たっち」を披露して大サービス。
ついには10歩も歩いて見せた。(⌒▽⌒;) オッドロキー。

その姿を見ていて、人が成長するには周りの温かい励ましと適度な期待が必要なんだなあと痛感。

そして「自分の存在が他人に喜ばれている」ということがどれほど力を与えるか、しみじみと感じた。


話はそれるが、最近話題になっている奈良の妊婦死産事件など、産科医療を叩く記事が続いている。

非常に根本的なこととして、どんな人間でも、叩かれて伸びるということはないのではないかと思う。
産科医療体制を批判しているのだ、と報道はいうかもしれない。
けれど現場の医師たちだって人間だ。

人のやる気をださせるのはやはり「自分の存在が他人に喜びを与える」ということじゃないだろうか。こんなに非難されて産科医続けて行く人がますます減ってしまうのではないかと危惧する。

また、今まで何度か話題にしてきた研修医の指導もしかり。
私も「温かい励ましと適度な期待」を持って、そして「彼らの成長を喜びとして」指導に当たれるようにしたいと思う。

でも・・・・・
母としての自分にも、院生としての自分にも、医師としての自分にも、「温かい励ましと適度な期待」が欲しいなと思う今日この頃ではある。
by runa123 | 2007-09-02 00:32 | 子育て


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧