カテゴリ:About me( 150 )

2013 不惑の年

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

もうあけましておめでとうございます、という時期ではなくなってしまいましたね。

毎年、今年の抱負、を書いてきたのですが、今年は「怒らない」という誓いを立てました。
去年とにかく私はイライラしていました。産後のホルモンバランスが崩れていた時期でもあったのでしょうけど、何かと怒ってばかりいました。そのせいで一番大切な家族を傷つけたり、悲しませたりしたように思います。

怒っても事態は全然改善しないし、かえって悪化するばかり。
だから年が開けたのをきっかけに「怒らない」ことにしました。

しかし三毒追放とか言ってたのに全然守れなかった私。3日坊主ならいいけど1日も持たないのでは?と思っていたのですが・・・
なんと今も怒らない記録更新中です。

まあ、途中、サービスの悪い業者に腹を立てたり、いけてない外科医にイライラすることはありましたが、それはまあ、我を忘れて怒ったわけじゃないので除外して。(甘い?)

子供を怒鳴ったり叩いたりすることは全くなくなりました。夫にネチネチ嫌味をいうこともなくなりました。
何かにつけイライラして眠れなかったりしたのですがそれもなくなりました。

なんというか省エネです。怒らないって快適だなあ。
21日続いたらそれは習慣になる、と何かの本に書いてあったのでだいぶ身についてきたかな?

意識して怒らないようにすると、子供のわがままもユーモアで切り替えしたりできるようになって来ました。
厳しい意見も自分のための良薬と思って聞くと不思議と腹がたちません。物事の良い面を見つける癖をつけることができたように思います。

まあ、完璧には行かないと思いますが、なかなかよい滑り出しです。


23日、私は不惑の年を迎えます。いやーびっくり。もう人生折り返し!?
これからも自分を向上させる努力を怠らないようにしたいですが、だんだん無理のきかないお年ごろになってきますので、これからは省エネな感じでエネルギーを上手に配分していきたいと思います。

今年は4月から長女が小学生になり、新たな生活が始まります。いろいろ大変そうですが楽しんで過ごせるといいなと思います。

不定期更新ですがどうぞよろしゅうに・・・

c0045175_14303.jpg


昨年1月に生まれた息子はもう立って歩いています。生後1年の成長はすごいなあ・・・
by runa123 | 2013-01-24 01:07 | About me

新学期

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

明日から新学期ですね!
年長になる娘も「明日から私達が一番大きい子のなるんだねー」としみじみしていました。今の保育園には2歳児クラスからお世話になっていますが、あの頃はオムツだったのにねえ・・・と私もしみじみ。この一年、また成長することでしょう。楽しみです。

街に出たら大学寮の前に引越しトラックが2台も。大学街のカフェによったら新人歓迎と思しき集団があちこちに。春ですねえ。

職場も名物であった院長先生が退職され、主要な科のトップも交代したところがいくつかあり、新しい時代へ突入した感じがあります。良い方向へ変わっていきますように。

私は育休中ですが、3月末までに頼まれていた原稿を何とか期限中に仕上げることができてちょっとほっとしています。もうちょっと麻酔の勉強をしたい気持ちがありますが、ベビーの方も巨大化して進化しているため、なかなかそれをゆるしてくれません。復帰したらどうなるんだろう・・・と恐ろしくなります。

育休終了までの目標:
1)論文をアブストラクトだけでも1日1本目を通す
2)娘に1日1回「大好き」と言って抱きしめる
3)1日1回体重を測る

毎日忘れてしまいそうなことを宣言してみました・・・がんばります!
by runa123 | 2012-04-02 00:28 | About me

あれから1年

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
特集/3.11東日本大震災から1年…いま思うこと

あれから1年・・・

まるで悪夢のような津波、そして原発事故。
引き続く電力不足と計画停電。
日本はどうなってしまうんだろう。そんな不安でいっぱいだった3月。
でもその中で各地の人たち、いや、世界中の各国の人たちがなんとか被災地の人たちを助けようと動いたことに感動し、命があること、家族がいることに感謝した日々。
どこへ行っても暑かった節電の夏。そして今まで不必要に電力を使って快適さを追い求めていたことを再認識した。

そして徐々に日常生活が取り戻されていった。
新しい命にも巡り合えた。
すべての人の上に時は平等に流れている。そして静かにゆっくりと苦しみも悲しみも癒していくのだろう。

でも今でもがれきの山に、仮設住宅での生活、放射能の危険区域で立ち入れない場所もある。
被災された人たちの苦しみはまだ続いている。

落ち着いてきた今だから余計に苦しくなってしまう人もいるだろう。

周りの人も「いつまでも震災のことばかり言ってても」みたいになって、余計に苦しさや疲れを吐き出せずにいるかもしれない。。。
支援の手も少しずつ減ってきているかもしれない。。

震災のことを忘れない。傷ついた人のことを思う時を持つ。

14時46分 久しぶりの晴れ間で家族で梅の花を見に公園に行っていましたが、静かに目を閉じて祈りを捧げました。

あの日を忘れない。そして今命があること、家族がいること、住む家があること、仕事があること、そういった当たり前と思っていることに感謝して生きていきたいです。
by runa123 | 2012-03-12 04:38 | About me

誕生日

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

昨日は誕生日でした。FBやmixiで多くのバースデーメッセージいただきました。ありがとうございます♪
今年は30代最後の年となってしまいました・・・悔いの残らない一年にしたいと思います。

夫が誕生日のケーキを買ってきてくれたので家族で写真を撮ったのですが、はじめベビーが寝ていたのでいつも通り3人でパチリ、と撮ったら後ろのベビーベッドから「ギャー」という声が。
まるで「ボクのこと、忘れてませんか??」という感じでした^_^;

というわけで4人で写真に収まりました。

ああ、4人家族になったんだなあ。と実感しました。

生まれて2wくらいなのですが、ボクちゃんの存在感は大したものです。どんどんぷっくりしてきて、ずっしりしてきました。生命力の塊のようです。

アラフォーの子育てではありますが、ボクちゃんから生命力をわけてもらうつもりで頑張ります☆
by runa123 | 2012-01-24 01:19 | About me

あけましておめでとうございます&生まれました

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

あけましておめでとうございます・・・ってもう新年始まって10日以上たっていますね。すみません<(_ _)>

ご報告があります。
1月4日、無事に3115gの男児を出産いたしました!

年末も年始も入院する気満々で何の準備もしていなかったのに、大掃除も、紅白歌合戦も、お雑煮やおせちも、初詣もすべて実行可能となってしまいました。。。(このうち、おせちは自粛!?しましたw)

ちなみに、初詣で引いたおみくじはいずれも末吉、中吉というものでしたが出産に関しては「やすし」ということで、一安心。

3日には弟から安産お守りをいただいて、準備万端、となったところで4日に陣痛が来ました。
いやー痛いですね、陣痛。これこれ、これよ、じんわり締め上げられるような痛み。なんて思っていました。
iPhoneアプリ「陣痛時計」で計測すると16時の時点で8分起き!
上の子を迎えに行き、母に預けて夫に電話。17時半に夫が病院から戻ってきて一緒に病院へ。
入院時には3分起きでした。ふう。

今回の出産で主治医にお願いしていたのは・・・・「無痛分娩で産みたい!」ということ。
当院ではまだ公式にはやってないので「自然陣発で時間帯によってはできないかも」と言われましたが、一応麻酔科の了承をとり、主治医と病棟看護長にはお願いしておきました。

幸い、麻酔科もその日はあまり忙しくなく、当直の先生がすぐに来て硬膜外を入れてくれました。
人生初の硬膜外麻酔体験です。しかし、全然痛くもなく、すんなり入れていただきました。
主治医と助産師さんと相談の上、4cm開大まで待つ、ということになり、痛みに弱い私は3cm開大ですでにギャーでしたが、カテ挿入後15分くらいでなんとか4cmとれるということで麻酔開始してもらいました。
0.2%アナペイン12mlでレベルを上げ、それ以後はCADDシステムを使用したPCEAを開始しました。


いやーーーー、硬膜外麻酔すごいですよ。全然痛くなくなり、しかも足は動くし体位変換もできる、すんばらしー。それから7cm開大で載石位をとるまでボーラスは5回くらい使いましたが寝て過ごせる感じでした。下半身はビリビリと変にしびれた感じでしたが、内診しても痛くないので本当に気持ちが楽でした。助産師さんも「無痛みたことないのよね」と言ってましたが、「収縮もわかるしいきむこともできるのね。腰上げもできるとは思わなかった」と驚いていました。
というわけで、無事1月4日22時14分に生まれました。

無痛分娩ブラボー!
私の夢が新年4日目にして一つかなってしまいました。麻酔科の皆さん、産婦人科の皆さん、助産師の皆さん本当にありがとう。感謝です。
仕事に復帰したら正式に無痛分娩が導入できるように頑張ろう、と思いました。


他にもいろいろ気づきがありました。
1)後陣痛は痛い。当日がラクチンだったぶん、二日目は身動きできん・・・って感じでした。幸い鎮痛薬も処方されたのでそれを飲んでおとなしくしていました。

2)硬膜外カテ抜去後の背中も結構痛い。入れるときは全然痛くなかったんだけど、不思議です。でも1,2日で治まりましたが。

3)おっぱいが張るのは一番痛い。一人目の時も3日目くらいにおっぱいが岩のようになってしまったのですが、今回も・・・・ついついおなかがすいてバナナを二本隠れ食いしたのがいけなかったか・・・(いけないです。)というので、それ以後は素食で耐えるようにしています・・・せっかくGDMから解放されたというのに・・・・残念。

4)赤ちゃんは夜行性。昼間はグーグー寝てるのに夜は飲ませる→出す→腹が減ってなく→飲ませる・・・とエンドレス。ともに夜行性になるしかありません。


ってなわけで新生児の24hウォッチが開始してしまいました。久しぶりの子育てを楽しみつつときどきブログをアップしたいと思います。

今年もどうぞよろしくおねがいします。
c0045175_12474747.jpg

by runa123 | 2012-01-12 12:48 | About me

今年を振り返って

今年の総括と来年へ向けて
またしても総括の時期がやってきた・・・・

っていうか、今年のキーワードは「動け」だったんですね。途中から妊娠発覚で「動きすぎるな」ってなったりもしましたが。苦笑。

論文1報は依頼原稿ではありますが1報書きました。これで許して・・・
来年は2報にします。

今年頑張ったことは1)産科麻酔の研修に出たこと。百聞は一見にしかず。自分の実力のなさを痛感しつつも実際の現場に立ち会うとモチベーションも違います。
「動いてよかった!」案件です。

2)もうひとつは院内の子育て女医さんサークルを立ち上げられたこと。新しい出会いがあったし、みんなに喜んでもらえてとてもうれしかったです。頑張っている仲間をみると励まされます。

仕事上の反省点は自分がもう少し大人らしく振舞わないとな、ということでしょうか。昔から上司受けのイマイチな?生意気な私ですが、正しく評価してもらうためには謙虚な姿勢が必要かなと思うことも。
まあ、どうしても言わずにいられない性格なのでconflictを産むこともあるのですがね・・・

生活の上で妊娠を久しぶりに経験してやっぱり仕事をしながらって結構大変だなという気持ちと、2回目になるとこんなに妊娠に集中できないのか(笑)ということが驚きでした。まあしょっちゅう妊婦であることを忘れそうになり、まわりをヒヤヒヤさせたような。

あとは産休に入って本当に家がきれいになりました。苦笑。
今まであんなごみ屋敷に住んでいたかと思うと・・・とほほ。

あ、皆さんにおすすめの一冊

人生がときめく片づけの魔法

近藤 麻理恵 / サンマーク出版

スコア:


この人は本当にすごいですよ。
「触ってときめかないものは捨ててOK」という極めてシンプルなご意見。
でもホントにその通り。ときめかないものによって占拠されているスペースのほうがどれだけ貴重か、ということです。
年末のお掃除の時期にぜひ。

来年はニューフェイスも増えてまた一から子育てを経験するわけですが、これが最後かもしれないので楽しみたいです。
上の子の「お姉ちゃんへの変身」も楽しみ。
先日、友人の子(10か月)をお世話させてもらい、すごくうれしそうでした。女の子は役に立ちそうです。

家庭においては「三毒追放」がモットーでしたが、さてどうだったかな。

2012年は、
1)取り敢えず出産と子育て頑張ります。
2)仕事に復帰します。
3)論文2報書きます。
4)無痛分娩導入へ1歩また踏み出します。
5)ときめくものに囲まれて暮らすようにします。

以上5点を目標にしたいと思います♪できるかな?
by runa123 | 2011-12-19 05:00 | About me

親の祈り

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

昨晩娘の態度が悪かったのできつく叱りました。でもそうしたらますますぐずぐずして手こずってしまいました。

そんなとき、こんな祈りに出会いました。ああ、反省。

親の祈り

神様、私をよりよい親にしてください。
私の見果てぬ夢を子どもに負わせることなく、
子ども自身が人生を選ぶことを助けるものにしてください。
道草や回り道にもいらいらせず、
子どもの長い人生からこれを見守る賢さをお与え下さい。
のろさやぐずさに八つ当たりして、
子どものやる気をそぐことがありませんように。
誰にでもある失敗にほほえむ余裕を、
否には否をもって当たり得る者としてください。

叱る時には、優しい声と温かい心をお授け下さい。
そうすればきっと、叱られた訳に聞き入り、
人生の秩序と決まりを生涯の友とするでしょう。
くどくしつこい言葉や黙って無視することから
私をお助け下さい。
そして、まっすぐに頼ってくるまなざしを
理解と和らぎにおいて受け止めることが出来ますように。
どうか、私の声と怒りを静めてください。
そうすれば生きる喜びまで曇らすような
親子喧嘩はなくなるでしょう。

私の子どもが私を見て、大人になることをためらうことの
ないように私に内なる輝きをお備え下さい。
あるがままの彼らを受け入れ、
そのままで喜ぶものにしてください。
そうすれば、きっと安心して生きていい事を知るからです。
どうか、確かさと優しさにおいて、子ども達を育ませてください。
いつの日か、彼らもまた、そのように隣人を
受け入れることを得るからです。

そして神様、その時がきたら、彼らが望んだ人生を
行かせる勇気をわたしにお与え下さい。
その日には、育んできた者達が、胸をはって自らの信じる道を
確かな足どりで巣立っていくのをみることができるでしょう。
自信と優しさと、そして良心を心の友としながら。

『マリオン・B・ダーフィーの祈りから』

by runa123 | 2011-12-09 12:13 | About me

心に染みいる

ブータン国王演説・全文|Dr.和の町医者日記
http://www.nagaoclinic.or.jp/mt/mt-tb.cgi/2291

先日ブータン国王と新婚のお妃さまが日本をご訪問くださいました。
若々しくかわいらしいお二人の姿をニュースでちらりと見た程度だったのですが、ブータン国王夫妻は滞在中に被災地にも赴かれ、祈りをささげられたと聞き、何と素敵な方たちだろうと感激しました。

そしてあるブログにブータン国王の演説の全文が出ており、その清らかな文章とその中にある誇り高き精神に心打たれました。

引用させていただきます。
ブータン国王:国会での演説 全文

■「皆様は大災害に静かな威厳をもって対処された」

 天皇皇后両陛下、日本国民と皆さまに深い敬意を表しますとともにこのたび日本国国会で演説する機会を賜りましたことを謹んでお受けします。衆議院議長閣下、参議院議長閣下、内閣総理大臣閣下、国会議員の皆様、ご列席の皆様。世界史においてかくも傑出し、重要性を持つ機関である日本国国会のなかで、私は偉大なる叡智、経験および功績を持つ皆様の前に、ひとりの若者として立っております。皆様のお役に立てるようなことを私の口から多くを申しあげられるとは思いません。それどころか、この歴史的瞬間から多くを得ようとしているのは私のほうです。このことに対し、感謝いたします。
 妻ヅェチェンと私は、結婚のわずか1ヶ月後に日本にお招きいただき、ご厚情を賜りましたことに心から感謝申しあげます。ありがとうございますこれは両国間の長年の友情を支える皆さまの、寛大な精神の表れであり、特別のおもてなしであると認識しております。
 
 ご列席の皆様、演説を進める前に先代の国王ジグミ・シンゲ・ワンチュク陛下およびブータン政府およびブータン国民からの皆様への祈りと祝福の言葉をお伝えしなければなりません。ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。
 
 私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。
 
 皆様が生活を再建し復興に向け歩まれるなかで、我々ブータン人は皆様とともにあります。我々の物質的支援はつましいものですが、我々の友情、連帯、思いやりは心からの真実味のあるものです。ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。2011年は両国の国交樹立25周年にあたる特別な年であります。しかしブータン国民は常に、公式な関係を超えた特別な愛着を日本に対し抱いてまいりました。私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。
 
 このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実である
と謹んで申しあげたいと思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。
 
 皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。


■「ブータンは小さな国ではありますが強い国でもあります」
 
 ご列席の皆様。私はすべてのブータン人に代わり、心からいまお話をしています。私は専門家でも学者でもなく日本に深い親愛の情を抱くごく普通の人間に過ぎません。その私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうということです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります。ブータンは国連安全保障理事会の議席拡大の必
要性だけでなく、日本がそのなかで主導的な役割を果たさなければならないと確認しております。日本はブータンの全面的な約束と支持を得ております。
 
 ご列席の皆様、ブータンは人口約70万人の小さなヒマラヤの国です。国の魅力的な外形的特徴と、豊かで人の心をとらえて離さない歴史が、ブータン人の人格や性質を形作っています。ブータンは美しい国であり、面積が小さいながらも国土全体に拡がるさまざまな異なる地形に数々の寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています。手付かずの自然が残されており、我々の文化と伝統は今も強靭に活気を保っています。ブータン人は何世紀も続けてきたように人々のあいだに深い調和の精神をち、質素で謙虚な生活を続けています。
 
 今日のめまぐるしく変化する世界において、国民が何よりも調和を重んじる社会、若者が優れた才能、勇気や品位を持ち先祖の価値観によって導かれる社会。そうした思いやりのある社会で生きている我々のあり方を、私は最も誇りに思います。我が国は有能な若きブータン人の手のなかに委ねられています。我々は歴史ある価値観を持つ若々しい現代的な国民です。小さな美しい国ではありますが、強い国でもあります。それゆえブータンの成長と開発における日本の役割は大変特別なものです。我々が独自の願望を満たすべく努力するなかで、日本からは貴重な援助や支援だけでなく力強い励ましをいただいてきました。ブータン国民の寛大さ、両国民のあいだを結ぶより次元の高い大きな自然の絆。言葉には言い表せない非常に深い精神的な絆によってブータンは常に日本の友人であり続けます。日本はかねてよりブータンの最も重大な開発パートナーのひとつです。それゆえに日本政府、およびブータンで暮らし、我々とともに働いてきてくれた日本人の方々の、ブータン国民のゆるぎない支援と善意に対し、感謝の意を伝えることができて大変嬉しく思います。私はここに、両国民のあい
だの絆をより強め深めるために不断の努力を行うことを誓います。
 改めてここで、ブータン国民からの祈りと祝福をお伝えします。ご列席の皆様。簡単ではありますが、(英語ではなく)ゾンカ語、国の言葉でお話したいと思います。
         「(ゾンカ語での祈りが捧げられる)」
 ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも繁栄を享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。


太字は私が入れました。日本が失ってしまったかもしれない何か大切なものをブータンの人たちは持っている気がします。
いつか行ってみたいです。

c0045175_15525252.jpg

by runa123 | 2011-11-25 15:53 | About me

瀬戸内寂聴さん

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

今朝、仕事へ向かう途中に車でラジオを聞いていたら、瀬戸内寂聴さんの話がでてきました。
瀬戸内寂聴さんといえば、御歳89歳、今もなお小説家、評論家、僧侶としてご活躍のスーパーウーマンです。
私はあまり瀬戸内さんの著書を読んだことがないのですが、このラジオで、瀬戸内さんからのメッセージが読み上げられました。

「やると決めたことは、必ずやり遂げなさい。たとえ、結果が思ったのと違ってもいいのです。あきらめずにやりとおすことが大切なのです。」
(ちょっとうろ覚えなので言葉は違うかもしれません。)

心に響きました・・・・

自分のこれからを示唆するような一言。こういう偶然をserendipityというのかしら??(注:serendipity:偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力のこと from wiki)

出産を前にいろいろあきらめないといけないことも出てくるかな、と軽く落ち込みがちだった私。
でもどんなに時間がかかっても、やると決めたことはやり遂げよう!そう思った朝でした。
by runa123 | 2011-10-04 03:13 | About me

素敵な休日

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
初秋の連休、どこへ行く?どう過ごす?
今日は近所の公園でイベントがあり、制作好きの娘と一緒に参加してきました。

まずは万華鏡制作。キットに木の実や葉っぱ、花びらなどを入れて作るのですが、子供たちはとっても楽しそうに公園の中の林の茂みから宝石のようなかわいい実や小さな花を集めてはキャーキャー言っていました。

でき上がりはこんな感じ。
c0045175_2375270.jpg


次にドリームキャッチャー制作。
教えてくださったのはBE-PALなどに連載を持っている長野修平さん。

ドリームキャッチャーとはネイティブアメリカンのお守りのようなもので、
輪の形の枠にクモの巣のように糸を張り、そこにビーズや鳥の羽根などの装飾品をつけたものです。
「悪夢は網目に引っかかったまま夜明けと共に消え去り、良い夢だけが網目から羽を伝わって降りてきて眠っている人のもとに入る」(ウィキより)
という『子供を悪夢から守ってくれる魔よけのお守り』なんだとか。

毎晩寝るときに「怖い夢はみーーーなーーーいーーー(指を3,7,1と立てる)」おまじないをせっせと毎日やっている娘にはもってこいです。

c0045175_2402345.jpg

がんばりました。(ほとんど私がやりましたけど。笑)

c0045175_2403821.jpg

できあがり。

これでよい夢を見られますように。
by runa123 | 2011-09-24 02:41 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧