カテゴリ:About me( 150 )

コメがなくてさみしーーーー!!

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

です。はい。
by runa123 | 2010-02-04 11:55 | About me

現実と非現実

救急医と外科医のあいだで

突然上記ブログが閉鎖されるということで驚きました。
しかしそれよりも何よりも、その理由にも驚きました。
上のブログがいつまで表示されるかわからないので念のため魚拓をとりました。もしも消えて見えなかったらそちらを参照してください。

いつもスリル満点の救急現場が描かれていて「こんな優秀な救急医が力を発揮できなくて残念だなあ」と思っていました・・・・

でも、その一方で、私がこの救急医だったらここまでリアルにブログにアップできないな・・・とも思いました。ブログを見る人は不特定多数です。その中には患者さんの関係者、勤務先の関係者がいるかもしれない、そう思うと「これは人に伝えたいような経験だ」と思っても、すぐにアップできないのが事実です。
実際、学会などに発表する際にも、個人情報の問題もあり、必ず、「この経験を今後に役立てたいので、発表させていただいてもよいでしょうか」と同意をとります。もちろん、個人が特定されるような情報はできるだけ公表しないことに努めます。ご本人から希望があれば発表内容をお知らせすることもあります。それでもなお、私の友人は「インターネット検索をしていたら、自分の子供の症例が載っていたようだが」と問い合わせがあったことがあったそうです。入院時に「学会などへの発表に協力していただくことがあります」という同意を得ていたことと、今後の医療に貢献したいという申し出もあり、とくにトラブルには至りませんでしたが、たとえ症例のエピソードだけで個人が特定しにくいとしても、関係者にはわかってしまうものです・・・


もしも、このブログの著者が友人の救急医のエピソードを友人の許可を得ずにアップしていたのだとしたら、やはり、問題でしょうね・・・・友人のプライバシーはもとより、医療者として患者のプライバシーにもかかわってくることだからです・・・

まあすべてが「作られたもの」かもしれませんが。

ネットでいろいろな情報が手に入ります。しかしブログの内容が本当のことかどうか、それは確かめようがありません。それを書き手も読み手も理解したうえで利用できればいいのですが・・・・

ブログを書くってどういうことかな、と今回のことで考えさせられました。

私にとってこのブログは麻酔科医としての私、という観点で私の心を切り取ってきた大切な記録でもあります。つらいとき、悲しいとき(タップしちゃったとき、JB-POTに落ちたりしたとき!)は不特定多数の読者に励ましていただいたり、応援していただいたり、嬉しいとき(専門医試験に通った時!)には一緒に喜んでいただいたり、私の気持ちにこたえてくださる読者に感謝がつきません。

でもこれがリアルな私のすべてか、リアルか、と聞かれると正直、そうではない、と思います。でも「ウソツキ」かといわれると・・・・そういわれたら悲しいな、と思います。

「るな」は私の分身でありますが、私のすべてではない、ということでしょうか。
「るな」の経験はリアルるなの経験から派生していますが、完全なリアルではない、ということをご理解くださいね。

その点も踏まえつつ、麻酔科医として心の移り行くよしなしごとをこれからも書き綴っていきたいと思います。

ちなみに、ER99さまのブログはとても面白くて楽しみにしていました。一読者としてこれからブログが読めなくなることは残念でなりません。
またいつかどこかでお会いできますように。お元気で。
by runa123 | 2010-02-02 00:57 | About me

誕生日

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

23日は3?回目の誕生日でした。
リアル友やネット友から沢山のお祝いメッセ、メールをいただきました。ありがとうございました。
母と祖母からもお祝いの電話をもらい、嬉しい限りです。
いくつになっても自分の誕生日を祝ってもらうというのはうれしいです。

娘にはハッピーバースデーの歌を歌ってもらいました。
ケーキは自分で焼き、娘がろうそくの火を吹き消しました。(ちなみに3?本立てたわけではなく、数字のろうそくを使いましたよ!)

最近CMで流れていてとても気になっている曲。

「こぼれおちる涙が、いつでも君の背中を押してる
無駄なことは何もないよ 悔しさ数えるたびに強くなれる
昨日より強くなれる」


そう。私もフミダスぞ!
by runa123 | 2010-01-24 23:35 | About me

iPhoneデビュー!!!

runa123がついにiPhoneゲット!! at hypoxia research::blog

買っちゃったーー♪

hypoxiaさまに↑のようにネタにされてしまいますた。ついったーでiPhone userにiPod touchとどっちがいいでしょうか、と聞いたところ、みんな口をそろえて「iPhone!!」っていうもんで・・・・

まだ全然使いこなせないです。でもたのすぃーーーー♪

userのみなさん、お勧めアプリとか教えてくださいねーーー。

ついったーもよろしく。(@runa123で!)
by runa123 | 2010-01-05 21:41 | About me

MBTI診断

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
勝間和代にまたしてもおどらされて「やればできる」買っちゃったよ。

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力

勝間 和代 / ダイヤモンド社

スコア:




その中で紹介されていた性格診断。
サイトはこちら。
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

で、気になる結果は・・・・
ENFJ型:口がうまくて説得力がある


もともとやりたくなかったことを人にやる気にさせるとなると、説得力のあるENFJ型はうってつけである。
非常に信頼できるリーダーとなり、多くの人がついてくる。


状況を直感的に把握し、適切なことを、非常に気を配った言いかたで言う。これもENFJ型が天性のリーダーとして人を惹きつける理由である。

そのグループが何を求めているのか、その目標を達成させるのにどう手を貸したら良いか、直感的にわかる。

グループのリーダーシップをとる能力があるので、組織のトップまで上りつめることがよくある。

だが、最大の長所がいちばん厄介な問題を引き起こす。
つまり、ほかの人やグループと仕事をするのが非常にうまい反面、自分の考えに反対されると、落ち込み傷つくのである。


意見が衝突したり、反対されたりすると、個人的に攻撃されたと思い、相手に恨みを抱くことがよくある

相手が有効な問題提起をするつもりだったにすぎないときでさえ、単なる見解の相違が勝ち負けの問題にエスカレートしがちである。

有力な立場にあるENFJ型がそのような行動をとると、その組織は分裂してしまう。

ENFJ型の世話をしたり気を配ったりする資質の多くが女らしいとみなされるので、このタイプの女性は得である、だが、ENFJ型の女性は、家族の中でリーダーシップをとるならよいのだが、もっと大きな組織になるとそうはいかない、その組織の、とくに男性が不快に思いかねないからだ。

そういう性格は家庭や学校では報われるのだが、女性の「分際を越える」と、一転して冷笑されてしまう。
本人としては普段とかわらないつもりなのだが、結果的には葛藤が生じる。

ENFJ型はこのように有能なリーダーなので、男性の場合は「男の中の男」と見られることが多く、女性をうっとりさせる。

男性も女性も、ENFJ型の男性にはリーダーシップと決断力でどっしり支えてくれことを期待し、その期待を裏切られることはまずない。

それにもかかわらず、口がうまく、ぺらぺら喋るので、往々にして不誠実だとか浅薄だと非難されてしまう。
そうした批判には、まさかと思い、そのあとしばしば落ち込んで自己不信に陥る。


親子関係

ENFJ型の親は、子育てを責任と楽しみを伴うものだと見なす。

子どもというのは、親の価値観にはめこんでつくりあげていくものなのだ。だから、子どもが発達するのを待っていない。

たいていのことについて、子どもは親のものの考え方がわかり、どう行動するよう期待されているかわかっている。

期待どおりの行動をすれば、おおいにほめられるが、期待に反した行動をすれば、親のほうが挫折感を抱く。それを感じとった子どもは、親を喜ばせられなかったことで気がとがめる。

 ENFJ型の子どもは言葉を覚えるのが早く、長じても口が達者である

「大きくなったら」演説家、説教師、アナウンサーになったらとよくいわれる。

おとなを喜ばせ、おとなからほめられたがる。
英雄崇拝で、その対象が親であろうと教師であろうと、大きな感化を受けた人を偶像視して、真似をすることがよくある。

真似をするというのは、いってみれば、もっとも真心をこめたおべっかなので、ENFJ型の子どもが教師や親のお気に入りになるのも当然である。




ぬおおお。
またしても当たっているかもしれん。。。。

とくに「ペラペラしゃべるので軽薄と言われてひそかに落ち込む」あたりが。爆

しかも親子関係も。ぬおおお。あなどれん、性格判断。

でも大切なのはこれを把握してどうするかっていうことなんだけど。
by runa123 | 2009-12-22 09:15 | About me

しばらく反省します。

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

新フル接種に関した日記で、コメントに大変強いおしかりを受けました。
自分がすごい、とか自分の周りの人だけがすごい、とかそういう趣旨ではありませんでした。
でも、よくない日記だったのかなと思い、削除いたしました。

ただ、現場(新フル接種を請け負った医院や接種対象年齢の子供を抱える家庭)が混乱していることは事実です。
H1N1自体は感染しても大方の人は元気に回復していますし、今出回っているワクチンが万能ではないことも承知してます。
でも、身近に新フルで重症化した小児例を見ていますので、やはり親としては恐怖感をすこしでも減らしたい、後で後悔したくない、という思いから、必死に接種先を探しました。
批判の目を承知で職場から電話もかけました。
それなのに、その場に行ったら「ないよ」と言われたのでショックだったのです。

こういうことがあるんだ・・・と少なからず大きな意味で同業者としてびっくりしたわけです。

みんなが打ちたいと思うワクチンだから有効な接種をしてほしいし、できるだけ私のような浅はかな母親が血迷わないような方法を考えてほしい、そう思って書いたブログでした。

最近批判が多いので、へこんでいます。言葉にすると強烈になりすぎるのかな。
私自身の人間性に問題あるよ、と言われているコメもあるので、案外普通の人間の私はしょんぼりしています。

日麻の演題もまとまらず、しょんぼりの二乗です・・・
by runa123 | 2009-11-27 06:36 | About me

今年も残すところあと3か月

あけましておめでとうございます
10月になってしまいました・・・・
日曜日の月はとてもきれいでしたね。

今年も残すところあとわずか3カ月となってしまいました。
1月に立てた目標はどうなってるでしょうか・・・・

1)三毒追放 「ねたまない、怒らない、愚痴らない」 最近怒ってばかり。反省。

2)臨床麻酔の知識の整理(とくに心臓外科麻酔のスキルアップ) JB-POTは受験しました。それなりに頑張ったけれど、結果がついてこなければしかたない。継続は力なり、で師匠にひっついて教えてもらわなければ。あと3カ月の目標は・・・自分で取り敢えずの報告用紙を埋められるようにすることかなあ・・・(ハードル高いけど)

11月からあこがれの産科麻酔の師匠のところへ少しお邪魔するので産科麻酔の勉強をしっかりしたいです。

3)学会発表1回以上または論文1報以上
今年は麻酔科学会にも行けず、地方会も臨麻も行かず。心臓麻酔も行けたのに、試験勉強がアップアップで行かず。来年はもっと行きます!!!(行くだけじゃなく発表しなさい・・・)


4)専門誌を月1冊以上読む(または論文2報以上) 論文は抄読会に参加したおかげでかなり読むようになったことと、ASAの会員になったので無理やりAnesthesiologyが送られてくるのでもったいなくてつい読むようになった。もう少し知識を整理して蓄積できますように。

5)ACLS・PALSの受講 最近とんとBLSにもご無沙汰中。でもようやく重い腰をあげてACLSは受け直すことに決定。それが首尾よくいけばPALSも受けます。アー勉強しなくちゃ。

6)家計簿をつける 全く駄目。大きな出入りだけでもチェックしよう。

7)月に1回は祖母に手紙を書く
割合ちゃんとやってる気がする。折に触れて写真を送ったりしているので。
やっぱり定期的にコンタクトを取るのはお互い親しくなれるのでいいね。

8)娘のおむつはずし はずれてません。爆
あとは神のみぞ知る・・・

9)毎日体重を量る やばし・・やっぱ公開ダイエットかなー。

10)毎日化粧をする やばし・・・・これから乾燥する時期だし、ちゃんとします。

11)夫と娘を一日一回誉める
さらにやばし・・・怒ってるほうが多いかも。反省。


ときどきこうやって反省するとだれてた心も引き締まる気が。がんばろ。
by runa123 | 2009-10-06 04:54 | About me

マタニティーマーク問題

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
ロハスメディカルブログの「問題はたぶん、マタニティーマークじゃない」を読みました。

もうずいぶん前のことになってしまったけれど、私は妊娠後半結構おなかが目立っていて、どこからどうみても妊婦でしょ、という感じでした。
でも譲ってもらえませんでしたねー。席。
とくに若い男性は明らかに寝た振りして優先席にどっかり腰をおろしていました。(1回だけじゃないしですよ。)
譲ってくれたのは中高年の女性が多かったです。圧倒的に。
本当にありがたかった。

別に疲れていなくても、すいていてもおなかが大きい時立っていると急な停車で転んだり、急に誰かにぶつかられたら・・・と思うことは多かったです。
じゃあ、電車乗らなきゃいいじゃん、という問題でしょうか?

でも逆に、「マタニティーマーク」つけてまで譲ってもらいたいか、というと、なんかそれってあの紅葉マークと一緒で自分が弱者であることを振りかざしてる風にも見える。
あと、妊娠って個人的なことだし、知らない人にまで言って歩くことじゃないような。

私は妊娠に時間がかかったので、妊娠できない間、妊婦さんを見るのがつらかった時期がありました。他人の幸せをねたんでしまう自分が嫌で仕方がなかった。でもそれが正直な気持ちでした。

今は電車通勤の仕事はしていないけれど、もし、次に妊娠して、もし、電車に乗らないといけないなら・・・やっぱり、時間をずらして出勤させてもらったり、つらい時期は休ませてもらったりするかな・・・

まあ、あとは、中央線とか山手線とかにもグリーン車があったらいいなと思います。多少お金払っても座りたいって思うことあるし。そういう席をつくって優先順位を体の不自由な人、妊婦、どうしても座りたい人、にすればいいのでは?妊婦と体の不自由な人は割引にするとかで。そういう問題でもないのかな。

まあほんとは、みんなあんなに殺気立って電車に乗らなくても済む世界ができたらそれが一番なんだけどね。
by runa123 | 2009-09-29 04:33 | About me

晴れの日に

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
今日は後輩の女医さんの結婚式です。
とても良いお天気できっと彼女はすばらしい花嫁になったことでしょう。

彼女に贈りたい詩を見つけました。
吉野弘さんの詩です。
「祝婚歌」


二人が
睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することになっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとか
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい


こちらより引用させていただきました。

末永くお幸せに。
by runa123 | 2009-09-26 21:35 | About me

なんのためにがんばるの

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

SNSで知り合いになった方に、
「どうやってモチベーションを高めてるのですか」と聞かれました。
そんなに高い志を持って仕事をしているわけではないのですが、
JB-POTに挑戦しようと思ったり、外に勉強に行ってみたいと思ったりするのは、やっぱり

「もっといい自分になりたい」という気持ちがあるから、かな。

もっと自分がよくなって、自分が自分を好きになって、自信を持ちたいから。

患者さんのために自分がよい麻酔科医になって還元したい、という気持ちより、正直いうと自分のためなのかも。情けは人のためならず。でしょうか。

でもめぐりめぐって、がんばって勉強したり活動したりすることでほかの人もメリットがあれば、こんなにうれしいことはないです。

明日の自分のために、がんばります。
by runa123 | 2009-09-12 16:47 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
ある行政機関で働く集中治...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧