カテゴリ:お仕事( 189 )

産科麻酔学会2012

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

夏からほったらかし・・・すみません<(_ _)>

気づけば12月になってしまっておりました。

12月と言えば・・・産科麻酔学会です!!!
12月8日・9日大宮で開催された学会に参加してきました。

直前にやっとポスターが出来上がったというすべてがぎりぎりな私。
子供二人をパパに押し付けて出発。

受け付けに行くとなぜか写真を撮られた・・・よくよく聞くと森嶋久代先生が叙勲を受けられたとか!
お祝いメッセージを書かせていただきました。素晴らしいです。

ポスター会場へはなぜか外を回るように指示され寒いよーと思いながら到着。いろんな方にお手伝いしていただきなんとか貼り付ける。やっぱり1枚ものにしたので張りやすい。でもぐるっと見渡すと1枚ずつ印刷されてる方も。中にはなんと、裏紙(論文が裏に印刷されてた!!!)のつわものも発見しビックリ。マイミクさんは「麻酔科じゃないところだと結構あるよ」とのこと。ううむ。そうなのか・・・

会場に入り青山先生の集中治療についての講義の後半部分を拝聴。最初から聞きたかった・・・
池田先生の妊産婦死亡のお話も。うちの病院でも母体安全の手引きをメール送信しましたが、全部読むのは大変って言われちゃいました。とほほ。

ランチョンの丹羽先生のACHDのお話はとてもよかったです。ランチョンなんて申し訳ないくらいです。もっとお話しがききたかったなあ・・・

森嶋先生の記念講演はスライド送りのお仕事をお引き受けしました。おかげでランチョン後の眠気にも邪魔されずじっくりお話を聞くことができました。梅ちゃん先生と同じ?東邦の女子医専をご卒業され東大の外科に入局、その後麻酔科医となられた先生。その時代の女性医師の人数を考えると並はずれた能力の持ち主だったに違いありません。たぐいまれな情熱と行動力、強い精神力でその後アメリカに渡られた先生。さまざまな苦難にもめげず研究生活を進められた先生は本当に叙勲に値する素晴らしい活動をされたとおもいます。

最後のほうで今後の若い医師・研究者へのメッセージで「抄録数が論文数を超えないようにしていた」というエピソードを語られたときには会場からどっとどよめきが起きました。みんな痛いところを突かれた模様。私もです。

Calvalho先生のご講演は同時通訳機を外してもよく聞き取れるクリアな英語で子宮収縮薬の使い方についてお話しされていました。日本では発売されていないcarbetosinが気になりました。
メチルエルゴメトリンについてあんまり悪く言ってなかったのは意外でした。

この日、宣伝の甲斐あってうちの産婦人科医も来てくれていてほんとうれしかったです。

ポスターセッションはすっごく不安でしたがとても和気藹藹というか、もともとの産科麻酔学会らしい活発な発言があって楽しかったです!!!私はしょぼいなあと自分の発表に自信がなかったのだけど、たまたま見てくれた先生にいろいろ質問してもらって「勉強になりました!」と言ってもらってうれしかったです。
コメントでは池田先生やほかの施設の先天性心疾患を沢山診てる先生方にいろいろアドバイスをいただけて発表させてもらってさらに勉強させてもらったという感じでとてもお得な気持ちでした。発表して本当によかったー。来る前は睡眠時間がどんどん減ってつらかったけどほんと報われました。

夜の懇親会は予想を上回る人数だったようで食べ物があっという間になくなってました。(^_^;)
たぶん学会運営してたスタッフさんたちは全然食べられなかったでしょう・・・お疲れ様でした。
尊敬する照井先生は素敵な和装でいらっしゃって一緒にお写真までとらせていただきました。来年の学会までお守りにさせていただきます。

夜はマイミクさんとなぜか大御所さんたちと二次会へ。
最近とんと「若いねー」と言われなくなったのに、昭和50年代ご卒業の先生方を前に久々に「若手」な気分を満喫したのでした。。。

2日目は硬膜外無痛分娩に批判的?な先生&助産師さんのセッションでいろいろ突っ込みたい感じでしたが、基本的に「出産は素晴らしいもの。それにかかわる人が心を込めてケアすることが大事」という点ではみんな気持ちは一緒と思いました。

私も自然分娩、無痛分娩両方経験して、結果的にどちらもお産って素晴らしいと思いました。そして子育てする中で実はお産はほんの通過点に過ぎないと私は思っています。
その一ポイントで子供のその後の成長すべてが左右されるような物言いには違和感を感じます。

どんなお産であっても、母児ともに無事であれば、自然であっても無痛であっても帝切であってもよいのではないでしょうか・・・と思います。
いろいろ考えさせられました。

午後は楽しみにしていた分娩シュミレータ―のワークショップ。同じ病院の産科の先生と手術室の看護師さんと一緒に参加しました。とても楽しかったし勉強になりました。
いいチームワークでしたね、とほめていただきました。
私はなによりこんなマニアな学会にうちの病院の産科の先生が来てくれてほんとうれしかったです。

今後はこのワークショップをうちの病院でやりたいという夢をもって頑張ろうと思います。

1年で一番楽しみにしてた学会で、出産後の復帰を経ていろいろつらいこともあったけど、とってもエネルギーをもらいました。来年も頑張ります!

そして・・・子供二人を週末見ていてくれたパパ、本当にありがとうございました。ぜひ、来年もヨロシクお願いします(^_^)
by runa123 | 2012-12-20 14:25 | お仕事

復帰したっす

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

7月から週3で仕事に復帰しました。
ですのでまだ2回しか職場に行ってません。
が、のっけから緊急帝切当たりました^^; スパルタ式で育休ボケの頭と体に喝を入れられました。

でも、このシビレル緊張感と、ベビの元気な産声を聞いた時の安堵感はたまりません。

やっぱり麻酔好きだなあ。仕事っていいなあ。
卒後1ウン年目になってしまいましたが、もっともっといい麻酔がしたい。もっと麻酔がうまくなりたい。
そう思った次第です。
そうはいっても0歳児を抱えてますのでフル復帰は時間をかけて・・・と思っていますが。
必ず戻るので待っててね!

しかし、それにしても忙しいね、ウチの職場^^; とくにこれから夏休みだからね。
少しでもお力になれますように。
by runa123 | 2012-07-05 02:22 | お仕事

今年の最後のお勉強

What's New in Obstetric Anesthesia? The 2011 Gerard W. Ostheimer Lecture

久しぶりに文献読みました。仕事から離れて1カ月もすると頭も腕もサビサビになりそうっす。
しかし、このレクチャー毎回面白いです。

自分なりにまとめてみました。めっちゃ長いので興味のある方だけどうぞ。(自分で読むのが一番だしね。)

More
by runa123 | 2011-12-30 10:25 | お仕事

今年最後のお勉強2

What's New in Obstetric Anesthesia? The 2011 Gerard W. Ostheimer Lecture

つづき。

More
by runa123 | 2011-12-30 10:25 | お仕事

フレンズ もののけ島のナキ

friends -フレンズ- もののけ島のナキ

だまされたと思って行ってみてください。私も全然興味なかったんですが、FBで友人が「子供に連れられてまったく予習・期待せずに行ったらすごくよかった」と言ってたので、昨日家族で行ってみたのです・・・・・


そしたら!!!

家族中号泣ですよ。5歳女児が「感動しちゃった」と3Dメガネの下から流れ落ちる涙をフキフキですよ!!
(@_@;)

予習せずに、ふらりとご覧になってくださいませ。オススメです。

PS まだ生まれません・・・
c0045175_5153097.jpg

by runa123 | 2011-12-30 05:15 | お仕事

来年は大宮です!

「第116回日本産科麻酔学会学術集会」を宜しくお願い致します。 - 埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科 - Yahoo!ブログ
演題出すぞ!?(って今から気合い??)
c0045175_5591513.jpg

by runa123 | 2011-12-27 05:59 | お仕事

NCPR講習会

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

産科麻酔学会の翌日は念願の
NCPR講習会
でした!

日本版救急蘇生ガイドライン2010に基づく新生児蘇生法テキスト

メジカルビュー社

スコア:



34w6dの破裂しそうなおなかを抱えての参加でしたが、みなさんの温かい配慮により、無事受講できました。

私の施設では大勢の優秀な新生児科医が全CSに待機していてくれるため、CSで新生児蘇生をしなくてはならないという機会はないのですが、今後無痛分娩などを産科病棟で導入していくに当たり、ローリスクの経腟分娩に立ち会うケースもあろうかとおもいます。その場合はやはり必要になるスキルだと思い、ずっと参加したいと思っていましたが、なかなか麻酔科医には門戸が開かれておらず、毎回「新生児周産期学会」のHPを見ながらため息をついていました。

でも最近聞いたところによるとうちの隣の小児病院のNICUの先生も講習会やってるらしいです。灯台もと暗し。今後はNICUの先生とも一緒に勉強していけたらいいなあと思います。

とにかく、新生児の先生のやっていることがよくわかったのでとてもためになりました。

自分の子はルーチンケアだけで済みますように、と思っていたら、「先生これやっておけばリーダーとして指示できるじゃない!」と言われましたw あはは。しゃれにならん。

来年も開催されるといいなと思います。ぜひ皆様ふるってご参加くださいね。
by runa123 | 2011-12-05 05:33 | お仕事

産科麻酔学会2011

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
12月の第一土曜日は「産科麻酔学会」で決まり!です。

c0045175_562441.jpg

しかし毎年、娘の保育園の「おもちつき大会」と夫の地方会とかぶってしまうのでやりくりが悩ましい・・・・

今年は演題を出していなかったのでちょっと遅れて参加することにしました。娘のほうはおもちつき大会を終えた後、一緒に横浜に移動することに。会場近くの一時保育が確保できたのです!(こちら
久しぶりの横浜、しかも車での外出で、34w5dということもあり、ちょっと緊張しました。
多少渋滞にはまりましたが無事横浜到着。娘は車内でぐっすり眠り、新しい保育園には緊張していましたが、先生が「制作好きなら一緒に何か作りましょう」とおっしゃってくださり、機嫌をよくしてバイバイ!って手を振ってくれました。
そこからホテルに車を置いて会場へ!

IVRの講演聞きたかったのに出遅れました・・・とほほ。

でも会場では森嶋先生の講演の途中でした。
森嶋先生年齢を存じ上げなかったのですが、最後のスライド


「傘寿ってなに?」「ご高齢ってだれのこと?」ってのがホント素敵でした。
c0045175_573212.jpg


私も傘寿は知らず、調べてみたところ80歳のこと。
えええええーーーーー!!!!!!!!

森嶋先生の偉大さがますます感じられました。

っていうか、ご高齢っていう言葉とまったくマッチしません・・・

そして相変わらずJSOAPならびに女性医師全般への厳しくも温かい叱咤激励をいただきました。
身の引き締まる思いです。(事実上引き締まってはいませんが・・・)

ぜひともご挨拶したかったのですが何となくタイミングを逸し、ご挨拶しそびれました。ぜひ、来年もいらしていただけるといいなあと思います。

この学会の素晴らしいところはざっくばらんな質疑応答と直接産科麻酔の大御所のTIPSを聞けるところ。
今回も短い時間でもとても有意義でした。

とくに和歌山医大の中畑先生がいかに和歌山医大で無痛分娩を立ち上げられたか、の苦労話(失礼!)はまるでこれからの私への応援メッセージのようでとても励みになりました。それにしても、20名の麻酔科医で和歌山県内年間18000件の手術を支えつつ、自然陣発への24時間対応、素晴らしすぎます。
患者満足度の高さも80%強と素晴らしいものでした。先生方の努力、頭が下がります。

来年は産科麻酔の神の元、大宮で2日間の開催。託児所あり!
何が何でも参加します!っていうか演題出せるように頑張ります!!!



ちなみに。
今回は懇親会に娘も参加しました。ちょっと盛りだくさんな一日だったのでいつもの1/3くらいのパワーだったのでさほど皆さんのご迷惑にならなかった・・かな? K女史に「思ったよりしゃべってない((笑)」と言われました。(本当はすごくしゃべります。パワーダウンしててよかった)

子供にも私にもみなさん温かいお声をかけてくださり感謝しています。

みなさん、よいお年を!!!
by runa123 | 2011-12-05 05:08 | お仕事

Poster発表の極意

ポスター発表のための10の簡単なルール

そろそろ日本麻酔科学会学術総会への抄録を書き始めている方も多い時期では?

ポスター発表は何度やっても奥が深いと思います。
初めて学会で発表した時のドキドキを忘れずに洗練されたインパクトのある発表をしたいものです。

とあるブログにこんな極意が載っていました。もとはPLoS COMPUTATIONAL BIOLOGYに掲載されてモノのようです。
引用させて頂きます。
Rule 1: Define the Purpose 目的をはっきりさせよう

 研究の目的ではなく、そのポスターを見た人にどうして欲しいのかという目的です。議論をして欲しいのか、何かを教えたいのか、共同研究者を探すのか、ともかくなんのためのポスターを作るのかを考えよう。

Rule 2: Sell Your Work in Ten Seconds 10秒で売り込め

 自分の研究を売り込むためのポスターですが、あなたに与えられているのはエレベーターの中でたまたま乗り合わせた人に自分を注目させるのと同じくらいの時間です。研究を始めるにあたっての疑問はなんなのかについて、単純明快に書いておきましょう。

Rule 3: The Title Is Important タイトルはとても重要

 人はプログラムに載ったタイトルしか見てこないものです。タイトルには、Rule 2 で書いた疑問、研究の目的、そして何かわかったのかということが示されていると良いでしょう。いろんな人がいますので、そういう人に向けたタイトルは新聞記事の見出しと同じように、短く、シャープで、ぐっと惹きつけるものにしましょう。

Rule 4: Poster Acceptance Means Nothing ポスターを出したからといって安心しない

 ポスター発表は、ほとんどの学会で無審査で受け入れられますので、発表しただけでは、それが学問的に認められたわけでもなんでもないということを自覚しておきましょう。

Rule 5: Many of the Rules for Writing a Good Paper Apply to Posters, Too ポスターといえども論文を書くのと同じ決まりがある

 見に来る人がどういう人かはっきりと自覚して、レベルに合わせたポスターにしましょう。専門家ばかりではない人も来るのならば、論文の要旨と同じように研究の動機、仮説、結果、結論をはっきりと書いておきましょう。

Rule 6: Good Posters Have Unique Features Not Pertinent to Papers ポスターには論文とはまったく異なる作り方をしなければならない面もある

 論文に比べると分量が圧倒的に少ないのですが、内容を精選してしかも言いたいことや論理の流れは論文と同じように維持されていなければなりません。ポスターはちょっと離れて眺めるものですが、研究者がグッと前に出てくることができるものでもあります。ポスター発表のうち、記録として残るのはタイトルと要旨くらいで、後は忘れ去られるものですから、時には論文では書けないような大胆なことを言うことも許されます。そうした特徴を生かして、ポスター発表を活用しましょう。

Rule 7: Layout and Format Are Critical レイアウトやデザインが決定的

 キース・リチャード(知ってますか?)がもし良い画家は、キャンバスを埋め尽くすように描いたりはしない。自分の音楽でも沈黙の部分が大切だ、というようなことを言っているそうです。ポスターにも空白を残しておきましょう。見る人の目の動きを誘導するような、矢印や番号などの工夫も必要です。他の人のポスターを見て、いろいろなことを学びましょう。そして、決して24ポイント以下の大きさの文字を使ってはいけません。

Rule 8: Content Is Important, but Keep It Concise もちろん中味は重要なのですが、簡潔に表現しましょう

 ともかく文字数を減らして、図やグラフに置き換える努力をしましょう。ひとつのグラフは何百もの単語に匹敵する情報を与えます。図はパッと見てもわかるし、詳しく見ようとおもったら詳しい情報も得られるように描かれているのがベストです。要旨のあとに、簡潔明瞭な結論があるのも、人目を引きます。

Rule 9: Posters Should Have Your Personality ポスターには自分の個性を

 伝統的に無味乾燥な論文と違い、ポスターには自分の個性を出すようにしましょう。見た人が「ン」と思って寄ってきて、あなたと話したがるようなものにしましょう。そこから、共同研究が始まることも多いのです。ポスターの上に自分の顔写真を貼っておくのもいいでしょう。趣味や興味を書いたりすることも許されます。

Rule 10: The Impact of a Poster Happens Both During and After the Poster Session ポスターの効果はポスターセッションの間だけではなく、後になって出てくる

 ポスターセッションの間は、「お客さん」を引き寄せる努力をしましょう。ひとりが興味をもってくれると、どんどん人が寄ってきます。だからといって、うるさくつきまとわずに、静かに読んでもらいましょう。そして、アイコンタクトを忘れずに。

 ポスターセッションで知り合いになった人が、あなたに連絡しやすい工夫をしましょう。論文やポスターのコピーを配ったり、あなた自身の自己紹介になるウェブサイトを教えるのも良いでしょう。連絡先を教えてくれたお客さんへ、アフターサービスすることもできるでしょう。

 お客さんというのは、ポスターの中味よりも「あなた」を覚えているものです。それを忘れずに印象に残るような対応をしましょう。



ポスター発表を通してまた新しい出会いがあるといいですね。
by runa123 | 2011-11-20 07:00 | お仕事

15日から産休です

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
なんとか無事産休にたどりつきそうです。

金曜日で勤め先の仕事はほぼ終わり。月曜日は外勤先のK大学にご挨拶に伺います。
無痛分娩を体験できてとてもよかったです。でもまだまだ真髄には到達できてない。
これをどうやって自分の病院に導入するか、できるのか、次の課題です。

カレンダーをみたら、今日はJB-POTなんですね!受験生のみなさんぜひがんばってください。
私はおととし玉砕して以来挫折しています。産休中に少し本でも読むか・・・(きっと読まないでしょう・・ごめんなさい)

胎児エコーを眺めるにつけ、やっぱりどこに何があるべきかわかってないとエコーってわからないよねえ、と自分の2次元→立体構造への変換能力の低さを嘆きたくなります。末梢神経ブロックも大流行りなのでこれからはエコー苦手と言ってられませんね。勉強しよう・・・・

Steve Jobsの伝記も買ったまま放置されているのでぜひ読みたいです。、
そんなあれこれを考えているうちに産休はあっという間に過ぎてしまいそうです。生まれたら怒涛の24hウォッチの始まりです・・・・それまで体力温存しておかないといけないかな・・・

しばらく麻酔をしないと思うとさみしいです。麻酔好きなんだなあ、と思います。
また麻酔する日まで。しばらく妊婦日記です。
by runa123 | 2011-11-13 06:31 | お仕事


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧