<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エキブロでの皮膚科さんへの返信

長文過ぎて書き込めなかった。爆

お久しぶりです。最近エキブロにも自分のブログにもぜんぜんタッチしていなかったのですごい亀レスです。ごめんなさい。しかも、長文失礼します。
私は麻酔科なのでBurger病、PHN(帯状疱疹後神経痛)の方の疼痛管理のコンサルトをよく受けます。
まず、Burger病で下肢に限局した疼痛で、抗凝固薬などの治療を受けていない方であれば、一度硬膜外ブロックをして見ます。交感神経遮断で症状が緩和されるのであれば腰部交感神経節ブロック(永久ブロック)をお勧めすることもできます。ただ、経験値の高いペインクリニックへ行ったほうが合併症などが少ないと思います。(ブロックは合併症の問題がつきものなので患者さんにも納得していただくことが大事です)
PHNや帯状疱疹痛は私の印象では、薬物治療が有効です。もちろん、早めにNSAIDsなどを投与していると痛みが早くなくなりますので、皮膚科にかかったはじめから疼痛の管理をしていただくのは大切です。風が当たっても痛いというような状況(アロディニア)といいますが、あれば、神経因性疼痛という神経そのものが障害されることによる痛みであるので、通常の鎮痛薬はなかなか効を奏しません。この場合、抗うつ薬(三環系抗うつ薬がメインです。副作用が強い場合、SNRIやSSRIなどを用います)がよく効きます。ただし、速効性はないので効果が出るまで最低1-2週間薬を飲んでもらう必要があります。薬の用量はうつ治療に使うよりずっと少ない量で効果があります。電気が走るような痛みに対しては抗痙攣薬も有効です。

麻酔科にできることもあるとおもうのでコンサルトしてみては?と思います。
麻酔科医はソセゴン・ペンタジンの使用はあまり好みません。オピオイド受容体への作用が部分作動薬、という分類でようするにはっきりせず、部分的にモルヒネの結合するミュー受容体をブロックすることが知られているからです。(臨床上はモルヒネとの併用はあまり問題にならないのですが)それらを使うより麻薬をはやめに導入する人もいます。非癌性疼痛への麻薬使用には賛否両論ありますけどね。。。
難しい患者さんへの対応、がんばってください。
by runa123 | 2005-04-30 10:14

AHA BLS for Healthcare Providerのアシスタント

として参加してきました。

最近では、AED(自動体外式除細動器)が一般人でもトレーニングを受ければ使用できる、ということになり、認知がたかまりつつあります。

私のいる大学病院でもAEDを外来や喫煙室などに配置しようという動きがあり、予算も検討されています。だけど、AEDを教えるひとがいないことにはどうにもならん、というわけで、麻酔科やら救急部やらが借り出されています。

AED自体はまあ、超簡単な機械で、取扱説明書が読めれば誰でも使えます。が、やっぱり命にかかわること、しかも除細動器は電流を流すわけだから、はっきりいって「凶器」です。
ちゃんと講習をうけましょうね。

AHAのコース、はっきしいって、高い!なんとかならんのかね・・・・(ぼやきです)
c0045175_1717574.jpg

by runa123 | 2005-04-29 17:08 | ヘルスケア

若い子と飲み会

かわゆい学生と、2年目の臨牀研修医が今週で麻酔科研修が終わりだというので、おばさんは無理やり彼らを拉致して飲みにいきました。
若いオノコと飲むのはたのしいのお・・・ふぉっふぉっふぉ(▼-▼*)

っていうか、もう、わたしゃーこのこたちと7.8歳も年が違うのね・・・・絶句。

と思ってたら、後から合流したナースが、同僚の麻酔科の先生(♂独身34歳)が、なんと、25歳の研修医とつきあってたらしい、という話がでた。

うーむ。私も独身だったらのー、この子達でもよいわけか・・・むふふ。

って、だんなにはナイショ(゜≠゜)クチチャック♪ の妄想です。爆
by runa123 | 2005-04-28 23:59 | お仕事

事故ー衝撃

福知山線の事故、衝撃。
昨日は実験の合間に、当直の合間にもテレビでニュースばかり見てた。
電車ってあんなくの字にまがってしまっていいわけ!?
しかも、1両目がマンションの1階にささってるとは・・・絶句。

9時すぎの電車。たくさんの大学生やいつもより遅く出勤する人々がのり合わせていたらしく、犠牲者に10代、20代の方の名前も並ぶ。
いつもどおり「いってきます」と家を出て、帰らぬ人となった彼ら。
遺族はだれも口をそろえて「現実のことと思えません」と呆然とする。
そして一夜明けて、つぎつぎと明かされる「オーバランのうそ」や「最初から『置き石』が原因かとにおわせるようなJRの会見」に不快感が募る。
あなたの子供が、妻が、夫が同じ目にあったら、どういう気持ち??
いまだ1両目に残された運転士は23歳で経験が浅く、何度も「オーバーラン」などで注意を受けていたという。だけど、その彼を一人で運転させたのは会社でしょ?ミスを隠しても、安全基準を無視してスピードをだしても、時間通りに電車を走らせることが大切と教えたのは会社でしょ。
「だれでも、新人のときはあるから、それだけが原因というのはおかしい。誰が運転しても安全なシステムでなくてはならない。」って解説の人がいっていたけど、そのとおりだと思う。
会社が未熟な運転士個人や置き石などの「構造的原因」以外に責任を持っていこうとする姿勢に腹が立つ。

つい最近JALがその安全管理がダイヤ増発を優先しておろそかになっていることでたたかれていたばかり。たしかに、電車が遅れればそれが安全のためであっても乗客は不満を口にするだろう。本数が減らされれば乗客はすしづめの電車にのってまた、他の問題も起こるかもしれない。でも、飛行機も電車もだめなら私たちは何に乗ってどこへいけばいいんだろう。
そして、「時間」にばかりおわれて大切なものを見失っている私たち自身のすがたに、またあらたに衝撃をうける。

日曜日に夫の兄の三回忌があった。40代の若さで病死した義兄。
「今日、元気でも明日には死んでしまうかもしれない。私たちの命とはそういうはかないもの。だからこそ今、こうして自分が、自分の大切な人が生きていることを幸せに思わなくては。」
本当に、その言葉の意味をしみじみと感じた悲しいニュースだった。
c0045175_1729748.jpg

by runa123 | 2005-04-27 17:25 | 気になるニュース

嫁・姑

の争いなんて、私とは関係なーいと思ってた。
が、しかし。

今日とても、お義母さんにむかついた。
私の母はもっとちゃんとしてた。もっと優雅だった。もっと知的だった。もっと清潔だった。

あんなに嫌いだった自分の母の欠点をこんな風に思い出すとは。
私はあの母の子なんだわ。

でも、お義母さんを受け入れないと。だって、大事な彼のおかあさんだから。
きっと彼も、私の中に私のおっかない母の影をみるにちがいないから。

嫁姑、まだまだこれからっす。
by runa123 | 2005-04-26 17:30 | About me

大ショック

大切な友人(医師)がリンパ腫になってしまいました。
彼は陽気にふるまっていたけど、なんていっていいか・・・・
なまじ自分が医者であるだけに悪いことしか思いつきません。
はげましてあげたい、と思うけど、なんか、言葉が空虚に聞こえるかもしれないと思ったり・・・・

化学療法がもうすぐはじまるそうです。
若い彼は「禿になるのが嫌だな」なんていってたけど。


みなさんはこんなとき、なんといってあげますか?
by runa123 | 2005-04-13 06:59 | ヘルスケア

しばらくぶり

なんだか、突然春になり、忙しくなり、人が入れ替わり、なんだか書きたいことがたくさんあるような、大して無いような感じになって、ずいぶんブログをほっておいてしまいました。ごめんなさい。

春は私は基本的に調子が悪い。
生暖かくなるととたんに体調も、頭の調子も悪くなる。
なので、ちょっと恐ろしい。
4月のはじめはどちらかというといつもハイパーである。
大学も3年目となると、いろんな人が入れ替わるし、入れ替わらなかった人たちとは結構仲良くなっている。というわけで、ハイパーになる。

が、しかし。ハイパーの次はいらいらになり、それがだんだん、うつうつとし、最後には起き上がれなくなるのが私の四季なのだ・・・・
湿度とともにやってくる欝の予兆・・・・ちょっとこわい。

っていうか、だんな、帰りが遅いよ。
電話入れろっていってんのに、どうしてすぐ忘れちゃうんだろうね、まったく。

こんな日は、やってはいけないと思いつつ、だんなのメールボックスをのぞき、若い研修医(メス)からのメールを受診禁止にする。そんでもって、私にメールをくれる、若い研修医(オス)に思わせぶりなメールを送ったりする。ああ、いけない、いけない。
by runa123 | 2005-04-09 00:34 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
ある行政機関で働く集中治...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧