<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ワタミの社長の学校

当直室で真昼間にみたドキュメンタリー。
東京の100年くらい歴史のある私立の中高一貫男子校が30億の負債を抱えてワタミフーズの渡辺美樹社長に買われた。

ワタミの社長は「夢をもつ人材を」と教育業界に参入したらしい。
慶応大学教授を校長にすえ、企業再建さながら学校建て直しに挑む。

だけど。
校長は授業中に生徒がふざけているといっては教室に乗り込み、教師をどなる。
職員会議ではばんばん教師に罰則を与え、ワタミフーズの支店長会議さながら、「業績の上がらない教師はいらない」と宣告する。

みていて、むかついてきた。
教育って、なに?自分を教えている教師が校長に債務不履行よばわりされる、大人の世界を見せるのが教育?自分も、「負け犬」になったらこうやって上司に無能呼ばわりされるのか、自分の父親も、こうやって会社で罵倒されているのだろうか、と思う子がきっといたに違いない。
この学校に反感を持たない生徒がいるような学校に私なら子供を通わせようとは思わないな。

ワタミの社長は結局、自分でリクルートしてきた、この潔癖症の校長を最終的には手放すことになる。教師がこちこちに緊張し、つかれきっているのに気づいたから。

番組でこの学校の卒業生で定年まであと5年くらいとなった、数学教師が辞めていく。
涙をながしながら、「体力、気力がついていかない」と彼は言ってた。
でも。
彼がついていけなくなったのは、教育現場じゃないと思う。
そこが、学校じゃなくて、ビジネスになってしまったから。
彼の生きる空気がなくなってしまったから。
年老いた彼をはじき出すような学校で育った子供は、将来容赦なく、高齢者を「足手まとい」と切り捨てるだろう。自分たちもいつか、年老いていくのも知らずに。

夢って、見ろというものじゃなくて、自然に見るものじゃない?
全員がワタミの社長みたいにビジネスマンになりたいわけじゃない。
人生に悩み、恋に悩み、ため息をつきながら空を見上げる。
そんな、青春時代がなくて、何が学校なものか。
学校は、子供を世間の荒波から一時守って、心と体の成長を待ってあげる場所ではないかしら。人生で得をすることに必死になっている大人を横目に見ながら、本当に夢を見せてあげたらいいのに。
by runa123 | 2005-06-26 22:47 | 最近見たテレビ

いらいら

最近自分の機嫌が悪い。
オットにあたりちらしてばかりいる。オットは優しい人なので黙って聞いているから、ますます私は一人でエスカレートして、めちゃくちゃになり、自分が立ち直るまでとても時間がかかるのだ。
われながらあきれる。

人生にはどうにもならないことがある。
うまくいかないことがある。それを誰のせいにしてもいけないことは、わかっているのに。

疲れすぎて、余裕が無いのはお互い同じ。

ただ、努力してなんとかなりそうだけど、神様がそれに答えてくれない今。
この怒りを、悲しさを、むなしさをどこへもっていけばいいのか。
自分だけがつらいわけではないことはわかっているのだけど。

30度を超える暑さで、汗が体を流れるのに、心が冷え切っているのが悲しい。
ごめんね。ほんとに。
by runa123 | 2005-06-25 18:00 | About me

疲れた

一生懸命前向きにとがんばればがんばるほど。
自分への不満、他人への不満、わけも無い物悲しさが湧き上がる。

それをどうにか押しとどめて今日もまた、目の前のことに集中するようにと自分に言い聞かせる。

限界かな。もうそろそろ。
でも誰も許してくれない
by runa123 | 2005-06-23 05:56 | About me

最近の学生さん

今日は、学生がついてたので、いろいろ質問したりしながらの麻酔のスーパーバイズ(麻酔の研修に来てる他科の先生のお目付け役)をすることに。

しかも。
弟の小学校の同級生ときたもんだ。
やばい。もしもあほなこと聞いたりこたえたりしたら後で弟につつぬけだぞ。
と、気をひきしめつつ対応。

彼は顔立ちもお上品な感じのいまどきの私立小学校から中高一貫校に行きましたっていう感じの男の子。ちょっと神経質そうな感じ。小さいころは太ってたのにな・・・とか思いつつ。
いろいろ質問してみると意外なほどによく勉強してきている。
ためしに、他の部屋で他の学生をいじってみたらぜんぜんだめだったから彼はセンスのいいほうなんでしょう。
マスク換気とか点滴とりとか一緒にやってみて、結構うれしそうにしてた。
いろいろ話してみるとACLSとか勉強してたりして、案外いまどきの医学生ってまじめなのね。。

そう思っていたら、他大学から見学に来てた6年生をあてがわれた。
研究日なのにーと思いつつ研究室につれてって適当に話をすればいいやとか思ってたら。
「私研究やってたんです。」なに??
聞いてみると今日日の学生さんは夏休みに基礎の研究室で実験をするらしい。
彼女は結構それにはまって遺伝子組み換え実験とかもやってたみたいで、興味津々だった。
私のボスも「いいねー。ぜひ、研修医になったら実験においで」と上機嫌。
「今は学生さんのほうが良くわかってるんだよ」
なにい?それって私のほうがわかってないってことですか・・・がーん。

ま、いろいろあって夜中まで実験が終わらないるなですが、明日は心外です。
早く寝たいよー。泣
by runa123 | 2005-06-22 21:17 | お仕事

久々のジム

約4ヶ月ぶりにジムへ行った。すごい足の遠のきようである。
昨日美容室で、ファン・シネとかいう韓国人女優(なんと40代)が飛び切りのプロポーションを維持するのに、1日30分の運動を欠かさないという特集をみてちょっと影響されてみた。
c0045175_0261629.jpg


思い起こせば、昨年の10月。
一大決心をしてダイエットを敢行したのであった。
実は、あのホリエモンがトータルワークアウトとかやってるのをブログでみて、ちょっと興味があったので・・・・
先行投資すること15万円。
ジムのダイエットプログラムに参加。当時体重は今より約2キロ多かった・・・・
食事を1日1200キロカロリーに制限。
もちろん、禁酒、禁間食。
週3回ジムでスロートレーニング・・・・
そして4ヶ月。

やせましたよ。マイナス7キロ!!

が、しかし、今はすっかりリバウンド。
私の15万はいったい・・・・・よく考えれば、ホリエモン、ぜんぜんやせてないしな・・・・
今度こそ、ダイエットプログラムには参加せず、自分の意思だけでせめてあと2キロ減らしたい・・・・おもうのですが。さてどうなることやら。
by runa123 | 2005-06-21 00:26 | About me

ゲーム中毒

最近、ヤフーのゲーム『大富豪』にはまっています。
いい年してゲーム・・・・

疲れて夜9時過ぎに帰ってきて、コンビニ弁当食べつつ、メールチェック。
だんなもまだ帰ってこないし、ちょっとだけ・・・・
と思って、はや一時間・・・という毎日が続いている。
最近、とっても疲れるのはこのせいで夜更かしになっているからだとは思うのだが・・・

6月に入り、学会が合ったら、ACLSだのなんだので土日が無かったり、実験があったりで結構疲れてると思う。自分の時間が取れていないし、ゆっくりストレス発散するっていうことがなかなかできない。コンピューター上のゲームってお気軽にそれができる気がする。
高速道路を走っているときに、脳内の一部しか活動していないっていう話があるけど、それと似たような感覚を味わいます。ちょっと脳内モルヒネがでてるような・・・・
でも結局、目が疲れてやめます。時間を無駄にしたなあってすごく思うし・・・

結局現実世界で解消しきれないストレスがあるとこうやって擬似世界で発散するのかなあ。
友人を誘う必要もないし。若い人たちもこうやってパソコンに向き合って誰かと交流していると、引きこもりとかになっていってしまうのでしょうか?

私自身、今日もぶっ倒れてほとんど寝てました。外出はコンビニへいったきり。オットにはもうあきれられております・・・・涙
by runa123 | 2005-06-18 22:53 | About me

「教授ネタで卒業」について

ニノさんレスありがとう。
自分のカキコにさらに書いて見ます。

「教授ネタ」で卒業したっていいだろうと思います。
ただ、一生懸命研究と向き合えば、何か得るものがあるんじゃないかと思うのです。
私は実は一回研究途中で挫折してまして・・・・いまだになかなかペーパーがないのでえらそうにいえないんです。
ただ、自分たちがpdfファイルでプリントアウトしては捨てるペーパーたちも、仕上げるのには、いろんな苦労があるんだということを身をもって実感したらいいのに、と思うのです。
もしも自分が苦労してよいペーパーを仕上げたら、他人の論文ももっと深く読み込めると思うし、いいディスカッションができてくると思うのです。
「大学院」というへんなブランドだけで、研究の面白さとか、医学はやはり科学に支えられて進歩してきているんだなということとか、多くのひとを納得させるには、それだけの用意周到な準備が必要だとか、分子生物学的実験がお料理に似ていて、いいレシピとそれを再現できるテクニックが必要だとか、まあ、たまにはこぼしたおしょうゆが良く効いて別のおいしい料理ができたりとか、そういうことを私は体験したいし、知りたい。
まだまだ、自分には研究の本質が見えそうで見えないので、もう少し、がんばってみたい。
ほんの少しでも、ああ、こうやって頭の中に地図を描いていくんだ、みたいなことがわかったらいいのにって思っています。

だから、大学院生を「教授ネタで卒業すればいいのに、ばっかみたい」って言う目で見る世間と戦いたいし、それが大学院大学の役目だと思うのです。

なーんていってるけど、今日の免染も細胞がいまいちでした。また、明日がんばろう。
by runa123 | 2005-06-15 20:57 | お仕事

至極、もっとも・・・・

肥大して機能不全になりかけている組織にTB
>”臨床”に直結する研究をしろとかそういった議論も有りますが、ぼくはまったく無視しています。臨床に直結する以前にまともな”研究”をするのが重要であるという考えです。院生に大学病院の臨床を分担させたり、また週に研究をするのは一日とか二日それも半日とかいう大学院は何を研究するか以前にすでに大学院の体をなしていません。院生を自ら教育することを放棄して基礎研究室に預けたりしていることもその徴候だと思います。臨床が忙しいなら院生など取らなければいいし取ったらちゃんと教育すべきでありこれがまもとなすがたでしょう。

これです。私の言いたいのはまさにこれです。
すばらしいです。
今の私の状況は、hypoxia researchさんが批判されるまったくそのとおりなのです。
週に1日半の研究日をもらってやってます。
他の大学院生なんか、2年も外病院で働いてて、帰ってきて殆ど教授のネタで卒業していきます。なんのために研究するか、それは、「もらえるものはもらっとけ。」作戦です。
自分のところで教えられないから基礎へ出す。そのとおりです。
幸い、私のところにはばりばり基礎マスターがいるので、丁稚奉公は免れていますが、他にも基礎へ出されてる人はいます。
先生、ぜひとも、うちの大学で吠えてほしい!!と切にいのる今日この頃です・・・・
by runa123 | 2005-06-15 15:22 | お仕事

フォーガットンなどなど

フォーガットン・・・・
予告編が面白そうだってだんなの強いプッシュにより、見に行ったのですが・・・・
ネタバレすると悪いのであまりいえないが、ちょっと期待はずれ。DVDが出てからにすればよかった・・・

思い返すとアメリカにいたころ、アメリカの映画の回転の速さに驚いた。
ブロードウェイのミュージカル並みに、面白くなければ即効で消え去ってビデオ屋に並ぶ。
だから興行成績がずーっと1位とかって本当に集客力のある映画っていうことなのかもしれない。

学会期間中に「ミリオンダラーベイビー」を見に行ったのだが(爆)ラストが暗すぎて見終わった後どんより・・・・むー。モーガン・フリーマンが好きだからいいけどさ・・・・・クリント・イーストウッドがアメリカ版高倉健みたいに見えて仕方なかった・・・二人とも74歳だし。元気だよねえ・・・

で、この映画を見に行って収穫だったのは、「亡国のイージス」の予告編!!
なんか、すっごい面白そう!!「ローレライ」でも気になってた原作者の映画だし・・・
ってなわけで、亡国のイージス、原作読みました。面白かった!!学会へ行くときにはぜひ、買ってもって行ってね(学会何のためにいってるんだか・・・)
by runa123 | 2005-06-14 21:19 | 映画

梅雨の季節は・・・2

お月さまを みていたら。

私の脳内計画ではだんなが出張に出てしまう秋までに、子供を作り、専門医もとり、3月に産休に入り、3ヶ月してフルタイムの大学院生として復帰。麻酔は週に1回バイトだけ。でもって、来年中に研究にめどをつけて、その次の年はだんなと一緒に遠いところへGO!

のはずなんだけどね。
予定は未定。

こればかりは神のみぞ知る。(かみのみそしる??)
by runa123 | 2005-06-12 16:21 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧