<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もちろん、3年B組金八先生 最終回スペシャルです!!

帰ってきましたよ!しゅうが!!

物語の「うそ臭さ」はともかく。私はこの手のドラマにめっぽう弱い。しかも美少年つきときたら、垂涎もの・・・・というのはおいといて。

今回のスペシャルはきれいにまとまっていて、号泣必至だった本編最終回に比べて、ちょっと突っ込み足りない感もありましたが、年の終わりにふさわしく温かなつくりになっていた気がします。

私の中での今回のベストシーンは
自分なんかいなければよかったんだ、というしゅうに、金八が
「あのつまづきがあったから、今の君がいるんだ」
と語りかけるところ。

そうです。人は失敗してしまう生き物です。失敗を克服する、易きに流れた自分を元に戻すのはとても大変です。そしてそれは他人にいわれてできることじゃない。自分の中から鍛えなおさないといけない。それを乗り越えたとき人は成長するんでしょうね。

「過去は変えられる」ってドラマの中で金八先生がいってたけど、
「変えられる」というよりも、その上に、幾重にも新しい過去が積み重なって、また新たな『過去』というか、その人の『歴史』が作られていくのだと思います。

だから、どん底で生きるのをやめてしまったら、だめな自分で自分の歴史は止まってしまう。
だから、生きていく。生きているかぎり、過去は『塗り替えられる』のだと、私は思います。
c0045175_1324574.jpg

by runa123 | 2005-12-31 01:33 | 最近見たテレビ

さ、さむい・・・・・

風邪引いたかもー。泣

クリスマスイブは泣く泣く当直していたので昨日ははりきっておでかけしたのがいけなかったか・・・・
のど痛いし、頭痛いし、寒気するし、関節痛いし・・・・

って、インフルエンザか!?あんなイタイ予防接種したのにいいいいいいい。
タミフルぷりーず。

っていうか、今日、本年度最後の当直。大丈夫だろうか・・・(だめじゃん、ってつっこまないでーーー)
by runa123 | 2005-12-26 13:04 | About me

祈るとき

子供なんてすぐ出来ると思ってた。

大人になったらお母さんになるのが当たり前だと思ってた。

そんな当たり前が、当たり前じゃないと知ったとき、

なんだかとても、悲しくなって。

うろ覚えだけど、

「東京タワー ボクとオカンと時々オトン」の中で

子供が出来てしまったと思って困る人もいれば、子供ができないと神に祈る人もいる。
大人が神様に祈るのは、「当たり前なことが当たり前じゃなかったとき」だ。と書いてあった。

そうかもしれない。

当たり前、が実は、とても貴重な幸せなのかもしれない。

私も神に祈ります。どうか、当たり前の幸せを私に。と。
by runa123 | 2005-12-21 13:20 | About me

寒い夜には読書を。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー / 扶桑社
ISBN : 4594049664
スコア選択: ※※※※※

実家に帰る電車の中で読んでいて、途中から涙が止まらなくなってしまって困りました。
親との関係って、とても難しいけれど、母親というのは誰にとっても本能的に特別なのかもしれません。リリー・フランキーさんのことは「ココリコみらくるタイプ」に出てる、ヘンなおじさん。としか思ってなかったけど、彼がこんなに温かくてせつない物語を書く人だと知って、人は誰でも外からは見えない「思い」を秘めているんだなーなんて思ってしまいました。
ご実家に帰る前に是非ご一読を。(要ハンカチ)

その日のまえに
重松 清 / 文藝春秋
ISBN : 4163242104
スコア選択: ※※※※

これは実家から帰る電車で読みました。人は、だれでも、「その日」に向かって生きている。それは、人間に唯一100%おきること、と「死の壁」で養老先生もおっしゃっていました。でもみんなそのことを気にしないようにして生きている。そして突然、そのことに気づかされる。
大切な人に、会いたくなる一冊です。これも要ハンカチ。

寒い冬を温かいハートでお過ごしください。
by runa123 | 2005-12-18 20:19 | 最近読んだ本

麻酔関連の悲しいニュース・・・・

自分に麻酔剤注射し死亡 福井大病院の女性医師

同じ、麻酔科女医として、とても悲しい、残念なニュースです。

>同病院では、疲れなどを紛らわすために麻酔剤を使い、量を誤って死亡したとみている。
 この女性医師は今年春に勤務先の神奈川県内の病院で向精神薬を無断で自分に投与して戒告処分を受けていた。

どんな気持ちで、あなたはプロポフォールを打ったのかしら。
疲れをまぎらわす?それで、疲れがまぎれていたのかしら。
前の病院でも薬に手を出さずにいられなかった、あなた。
自分が、「薬物中毒」ではないか、と思ったに違いない。もし、あなたに、それをきちんと治療する手段があったなら。

麻酔科医が自分で麻酔薬を投与して死亡することがおおいと、かの有名なMillerにだって書いてある。(Miller's Anesthesia 5th Ed. pp2710) 薬物中毒は「病気」で、治療が必要だということも。麻酔科医は他の科に比べて麻薬や向精神薬へのアクセスがしやすいということもあるだろう。だけど、大半の人はそれを自分に投与はしない。そこに、何らかのストレスがあるからそういうことになってしまうんだろう・・・・

この女医さん一人じゃない、苦しんでいる人はもっと多いはず。あってはならないけれど。仲間である私たちが気づいて、介入して、治療へつなげていかなくてはいけないはずだ。現実にはとても、難しいことではあるけれど。

これとは別に、
ケタミンが麻薬指定になるらしい。
六本木で外国人が乱用したから?医療用のケタミンもいちいち、麻薬管理が必要になってしまうのかしら・・・・残量とかの管理がとても大変そう・・・・外来で痛みの治療に使っている患者さんもいるけど、それも手間がかかるようなるし。

薬物の管理は厳しくするべきだけど、現実を考えるととっても難しい。
by runa123 | 2005-12-14 17:46 | 気になるニュース

From To 平原綾香

最近購入したCDのなかで最もお気に入りです。
どこかできいたことのある名曲をカバーしています。
元歌もいいけど、まったく違った感じで聞けます。
平原さんの優しい、低めの声がいいです。癒されますー。

私のお気に入りはさだまさし(山口百恵?)の「秋桜」のカバー。
なぜかこれを聞くとなけちゃいます・・・・

From To
平原綾香 荒井由実 松任谷正隆 小田和正 佐橋佳幸 桑田佳祐 ゴンチチ 菅谷昌弘 久石譲 覚和歌子 / ドリーミュージック
ISBN : B000B56OJK
スコア選択: ※※※※※
by runa123 | 2005-12-11 10:17 | 好きな音楽

もう我慢ならない

Excite エキサイト : 社会ニュース

広島の女の子のニュースのときも、栃木の女の子のニュースのときも、胸をぎゅっと締め付けられるような、怒りと悲しみを覚えた。

で、今日、インターネットのニュースで、これだ。
子供は学校にも塾にも安心していくことができないのか?
どうしてこんな嫌な世の中になってしまったの?
どうしてこんなに簡単に、生まれてきた命を奪えるの?

昨日久しぶりに家でオットとご飯を食べながら楽しくテレビを見ていたら、
なんどもなんども、シマウマの子供がふるふると暗い道端でふるえる、「子供を一人にするな」というキャンペーンコマーシャルが繰り返し流れていて驚いた。

絵柄自体はシマウマのしぐさもかわいらしく、しかし、本当にぞっとするCMで、なんだかとっても、心が冷えた。

小児救急の話題が医療関係のブログをにぎわしているけど、
みんな自分の身をけずるようにして小児科の先生も、小児外科の先生も、麻酔をかけてる私たちも、集中治療医も、看護師さんも、みんな、
小さな命を一つでも救おうと努力しているのに。

小さな命が生まれてくることも、ほんとうに大変なことなのに。
生きていくことも、本当に本当にたくさんの人の愛情と、支えがあって、かなうことなのに。

それをどうしてこんな、一瞬で奪ってしまうのですか。

私は絶対に許せない。
by runa123 | 2005-12-10 13:29 | 気になるニュース

移植医療

最近の流れなのか、ここのような地方大学病院でも移植が始まっている。
肝臓外科も呼吸器外科も、もう「移植」が切り札なのだろうか。

確かに、現時点で移植しか生きる手段のない患者様というのはもちろんいる。
どの人だって、一日でも長く生きていたい、と思うのは自然なことなのかもしれない。

だけど。

健康な人にメスをいれ、ときには何万という輸血をし、何百万、何千万というお金をつぎ込んで、他の手術を制限しながら十数時間の手術を、当該科のほとんどすべての人員を動員して、麻酔科も総動員して、そうやってまで、人間は生きなければならないのでしょうか。

そしてそれが、医療の「花形」なのでしょうか。

それに詳しくなることが、そういう特殊な医療を支えていくことが、麻酔科医の「花形」になるのでしょうか。

ときどき、わからなくなります。もちろん、人の命を救うためにこの仕事についたのではあるけれど。
by runa123 | 2005-12-03 14:07 | お仕事


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧