<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おくりびと



ひさしぶりに友人と映画館で映画を見ました。最近アカデミー賞候補になって話題の「おくりびと」。

モックンが元アイドルとは思えないほど素敵でした。山崎努もよかった。亡くなられた峰岸徹さんも(短い出番でしたけど)。

「死は門のようなもの。そこをくぐってまた別の世界にいくんです。」という火葬場のおじさんの言葉が素敵。
「いってらっしゃい。また会おう。」
涙がとまりませんでした。

素敵だった映画で残念なところがひとつ。

どうしても広末涼子は浮いてた。もっとほかの配役がよかったなあ・・・竹内結子とかでもよかったかもなあ。
あと、モックンの子役の目が一重なのも残念。

でも久しぶりにハンカチ握りしめてオイオイ泣きました。
by runa123 | 2009-01-29 20:07 | 映画

今月の1冊

Avoiding Common Anesthesia Errors (Lippincott Williams & Wilkins Handbook)

Lippincott Williams & Wilkins

スコア:



amazonで偶然ブラウズしてて見つけて注文。円高差益に期待して本家amazon.comから買いました(せこい)

これが結構グーです。(ちなみにかなりの章がgoogle booksで閲覧できます。爆)
一章が短く、かつ、臨床で「ああ、こうしておけばよかった~」っていうようなネタについて比較的新しい文献をもとに書いてあります。
ウケタのは「Reading in the operating room is it worth the risk?」なる章もあるところ。この本を持ち込んで読んでるレジデントはドキッとすることでしょう。笑

英語のブラッシュアップも兼ねて、今月の一冊といたしました。(→今年の抱負 その4 月最低1冊は専門書を読む)

がんばります!
by runa123 | 2009-01-28 23:53 | 最近読んだ本

36回目の誕生日

を、迎えました。

年甲斐もなく職場で宣伝?したら、心優しい同僚の先生方がかわいい誕生日プレゼント(アイスとか・・・・笑)をくれました!
でも、いくつになっても仲良しの人や家族に誕生日を祝われるのはうれしいものです。
日本人は(特に女性は)若いほどちやほやされるけれど、年を重ねるごとに味わいを増す人生を楽しめるようになりたいものです。
私も、若い時のほうが年をとることに抵抗感がありましたが、30を過ぎてから「20代よりずっと自分がいい感じだ」と思うようになりました。当時の自分を思い出すと青すぎて痛々しい、という感じでしょうか・・・・(まあ、最近は開き直りすぎて違った意味で「痛い」かも。爆)



こんな風に誕生日も、そうじゃない日も頑張っていきたいです。
by runa123 | 2009-01-23 22:22 | About me

BLSにも力が入ります

AED:1カ月後の生存率42.5% - 毎日jp(毎日新聞)
心肺停止状態となった際に一般市民からAED(自動体外式除細動器)で救命措置を受けた人の1カ月後の生存率が07年、42.5%に上ったことが22日、総務省消防庁の調査で分かった。06年は33%だった。AEDによる救命措置が実施されなかった場合と比べ生存率は4倍超で、市民からAED措置を受けた人の数も06年の144人から07年は287人とほぼ倍増した。総務省消防庁は「一般市民の迅速な救命手当てが非常に重要だと明らかになった」と分析する。

 AEDは心臓が止まった人に電気ショックを与えて蘇生させる機器。04年に市民の使用が認められ、駅や空港など公共施設中心に07年末現在、全国で約13万台設置されている。

 調査結果によると、07年に市民の目の前で心肺停止状態となりAEDの措置を受けた287人のうち、1カ月後も生存していたのは122人(42.5%)で、うち102人(35.5%)は日常生活をほぼ支障なく送れるまで回復した。一方、AED措置を受けなかった人の1カ月後生存率は9.7%だった


草の根の活動というのでしょうか、地道な努力が実を結んでいる証拠ですね。
BLSにかかわるものとして喜ばしいニュースです。
by runa123 | 2009-01-22 20:53 | 気になるニュース

Hibワクチン

2歳の娘にHibワクチンを接種してきました!

みなさん、Hibワクチン、ご存知ですか?
以下はかかりつけの小児科のHPより転記させていただきました。

ヒブ(Hib)とは
 ヒブ(Hib)はヘモフィルス属インフルエンザ桿菌b型(Haemophilis Influenzae Type b)細菌の略称です。
 「インフルエンザ」とウイルスと同じ名前がつきますが、毎年流行するインフルエンザとは全く別のものです。昔ウイルスがまだ知られていなかった時代に、この細菌がインフルエンザの原因とする研究がありインフルエンザ桿菌と名付けられました。
 その後インフルエンザの原因はウイルスとわかりましたが、名前がそのまま残ってしまいました。混同を避けるために「インフルエンザ」は使わないようにして「ヒブ(Hib)」と呼ぶようになっています。


 インフルエンザ桿菌にはいくつかのタイプがあります。その中で「b型(Hib)」と呼ばれる菌が細菌性髄膜炎、喉頭蓋炎、肺炎などの重症感染症を引き起こします。
小児の細菌性髄膜炎の半分以上がヒブ(Hib)菌によるものです。

 日本では毎年600人ほどの子どもがヒブ(Hib)菌による髄膜炎にかかり、そのうち5%が死亡、約20%に後遺症が残ります。ほとんどが5歳未満で0〜1歳では70%以上で(0歳後半に多く、9ヶ月がピーク)、5歳以上ではきわめてまれです。


ヒブ(Hib)ワクチンについて
 1990年代から欧米ではヒブワクチンが接種され始めました。これを期にヒブ菌による髄膜炎や喉頭蓋炎が激減して今ではほとんど見かけなくなりました。
 1998年にWHO(世界保健機関)は乳児への定期接種を推奨しています。欧米など100カ国以上ですでに定期接種が行われています。またアジアやアフリカの国々を含む130カ国以上の国で導入されています。
これらの国々の接種では大きな副作用の報告はありません。

 日本では昨年フランス製のヒブワクチン「アクトヒブ」の輸入が承認されました。しかし、麻しん・風しんなどと同じ「定期予防接種」ではなくおたふくかぜ・水ぼうそうなどと同じ「任意接種」となっています。
「任意接種」では接種費用は原則として自費になります。鹿児島県など一部自治体では補助を出すところも出てきています。


接種スケジュール
 ヒブ(Hib)ワクチンの接種スケジュールは

5歳以下の子どもに接種します。
接種開始時の月例によって回数が異なります。

2ヶ月~7ヶ月未満  :3回(4週間毎)+追加(1年後)1回(DPTと同時接種をお勧めします)
7ヶ月~12ヶ月未満 :2回(4週間毎)+追加(1年後)1回
12ヶ月~5歳未満  :1回
5歳以上       : 接種の必要はありません


私の住んでいる自治体でも昨年末から接種が開始されました。もちろん任意。
さっそく予約をしました。

日本は予防接種の副作用を問題視して他の先進国に比べその普及が非常に立ち遅れています。最近では若年成人に麻疹が大流行してニュースになりましたよね?日本は麻疹の輸出国として世界でも恐れられています。行政は追加接種を呼びかけていますがまだまだ未接種の方は多いようです。これだけメディアが発達していてしかも、経済的にも豊かな国なのにおかしいですよね?

医療行為にリスクはつきもの。それを踏まえた上で、予防効果による利益のほうが大きいと判断して接種を決めました。

費用は7000円でした。(任意接種なので各医療機関によって差があります。)

これで健康に過ごせるのなら安いものだと思います。
5歳以下の乳幼児をお持ちの方、ぜひ、接種をご検討くださいね。
by runa123 | 2009-01-20 00:37 | ヘルスケア

旅立つ日



不覚にも涙。
大切な人との別れはつらいよね・・・
by runa123 | 2009-01-19 03:50 | 好きな音楽

GIFT

GIFT

Mr.Children / トイズファクトリー

スコア:



紅白で久々に生で歌うミスチルをみて感動。
さっそくツタヤでレンタルしてiPodで聞いています。

降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日影があって
そのすべてが意味をもって
互いをたたえているなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ




いい歌詞だねえ・・・そして桜井さんの切ないハスキーボイス。
胸を打ちます。


by runa123 | 2009-01-15 12:05 | 好きな音楽

私のストレングス

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム / 日本経済新聞出版社

スコア:



勝間さんの「起きていることはすべて正しい」で紹介されていた本。
ストレングスファインダーという自己分析サイトに参加できるパスワードが載っています。

勝間さんの本とこの本で目からウロコだったのが「自分の強みを知りさらにそれに特化する」ということ。
今まで自分の能力を向上させるには「弱点克服」だと思っていました。
でも、もともと苦手なことややっていて楽しくないことに時間をついやし、それでその分野の能力が飛躍的に伸びたか、というとそうではない。
その時間や労力を自分の得意なこと、好きなことに使ったほうがどれだけいい仕事ができ、まわりもその恩恵を受けられるか・・・
好きじゃないことや得意じゃないことをやってイライラしたりがっくり落ち込んだりしていた時間がもったいない・・・と思いました。

ちなみに、私の5つの強みは
1.収集心
2・学習欲
3.社交性
4.ポジティブ
5.調和性

でした!

結構納得です。
by runa123 | 2009-01-09 20:58

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

某SNSにも書きましたが、今年の抱負を。

2009年の水がめ座は12年に1度?の大幸運期なんだそうです。
11の志を立てるとすべて叶う?そうなので、今年の抱負を11個、行ってみよう

1)三毒追放
敬愛するカツマー語のひとつ。「妬まない、怒らない、愚痴らない」
これだけでかなり精神的エネルギーの無駄が省けそうです。これは仕事・プライベートどちらにも共通すること。これがもっとも重要な抱負かも。

2)臨床麻酔の知識の整理(とくに心臓外科麻酔のスキルアップ )
去年しようと思っていてできなかった。本や雑誌を読んでも身につかないと意味がない。友人が専門医試験勉強できちんと要点をまとめていてえらいし、後々気になることがあったとき、参照したり、さらに参考文献をファイルしたりしていて、自分もやらねば、と思っています。
また1月から志願して心臓外科麻酔に当ててもらうようにしました。久し振りだし、施設も違うのでまずは慣れることと、心外の先生に覚えてもらわないと。笑 専門施設ほど症例はないけど、一例一例大切にして勉強していきたいです。
当面の具体的目標としてJB-POT受験(取り敢えず受ける!)します!
申込がんばらなきゃ。

3)学会発表1回以上または論文1報以上
参加だけじゃなくてね。神戸はサブなのでメインで行けますように。

4)本を効率よく読む
仕事関係の専門書、もっと読もうと思います。(最低月1冊。←Millerでもか?という突っ込みはおいといて。)

5)ACLS・PALSの受講
ACLSインスト復帰は昨年目標にしましたが、ついにかないませんでした。だいぶ時間がたってしまったので取り敢えずプロバイダが切れてるので受講しなおすかな。PALSも興味あるので引き続きチャンスがあれば。しかし高いね、受講料。爆

6)家計簿をつける
1日から・・と思っていたけどいろいろ忙殺されてるので、今月中には開始します。

7)月に1回は祖母に手紙を書く
ここ数年で祖父母が次々と他界しました。今は母方の祖母一人。
昨年、何度か「もっと祖父母と話をしたかった」と思うことがありました。生きている間にもっとできることがあったのでは、と。
自分たちもいつか年をとる。今できることをできるときにしたいです。
血の繋がってる祖母だけではなく、中学生のころ家族ぐるみでお世話になったアメリカのM夫人ももう80代半ば。肺がんも患っていてもう長くはないかも。e-mailができるのでもっとこまめにメールしようと思います。まずは年賀状を送りました。笑

8)娘のおむつはずし
昨年はおむつはずし途中で断念。今年は年度内は気負わず、4月くらいから真面目にやって夏中に外れればよしとするか。3歳までにパンツを合言葉に頑張ります。笑

9)毎日体重を量る
ダイエットダイエットと言って一向に成功しない私。取り敢えず毎日量るだけでも違うらしい。というわけで毎年同じですが体重50キロ、体脂肪率25%を目標に頑張ります。

10)毎日化粧をする
これが目標のアラフォーって・・・取り敢えずもっと身だしなみに気をつけたいです。武田久美子も「どこへも行かなくても化粧をする」のが美しさを保つ秘訣と言ってたし。肌荒れには注意しなくちゃ。笑

11)家族を一日一回誉める
家族は私の大切な仲間。彼らと気持よく過ごすことが私の活力になっています。忙しい毎日だとどうしてもとがったものいいになることが多いけど、できるだけ笑顔で、彼らのことをハッピーにしていきたい。
二人のいいところに必ず目を向けるようにしたいです。


勝間さんに習って達成可能で測定できることを個別に具体的に書き出してみました。

さて、2009年の終わりにはどれだけ達成できているかな・・・
by runa123 | 2009-01-02 05:33 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧