<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

森に眠る魚

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

森に眠る魚

角田 光代 / 双葉社

スコア:



角田光代さんは「対岸の彼女」で直木賞を取った作家さんですが、個人的には「八日目の蝉」にノックアウトされました。

角田さんの「森に眠る魚」は「王様のブランチ」で松田哲夫さんのおすすめ、ということで書店で手に取りました。

登場するのは5人の主婦、繭子、かおり、千花、瞳、容子、それぞれ子供を持ち、専業主婦として子育て中。
いわゆるママ友として知り合い、はじめは子育ての悩みを打ち明けあえる貴重な友人として始まった関係。
それがいつしか、「お受験」をきっかけに変質していく・・・・

ママ友、というのはとても微妙な関係です。「ママ友」というのは、「子育て」といいうキーワードで結びついているけれど、それ以外は共有できるものがあるのかないのか不明、という浅いような深いような関係なのだ。

確かにはじめての子育てには戸惑うことが多い。数か月先輩がいるだけでその情報がとても役に立ったり、アドバイスにほっとしたりする。ところがそれは長く続かない。
みんな同じように成長していくわけではないから・・・
1歳くらいまではだいたい同じような時期にねがえりをし、はいはいをし、たっちをする・・・・
でも言葉を話した、数を理解した、絵を描いた、ということが加わってくると途端に、お母さんたちの話題は競争しているかのようになってしまう。

そして最近低年齢化しているお受験。ますますヒートアップしていく母親たち。
競うのが自分自身の力であるような、ないようなところもまた微妙なのだ。
「子供のためならなんでもできる」という母の気持ちが、しだいに、「あの子さえいなければ」「あの人が私より不幸になれば」と黒い気持ちがモンスターのようにもたげてしまう・・・・

そんな人間の性質を丁寧に、そして後半へ向けてぐいぐいと引き込まれるような展開になっていく・・・・
ページをめくるのが怖い、でも止められない。そんな気持ちを久々に感じた。
角田さんの実力に脱帽です。

読めば思い出すと思いますが、この話は幼稚園児を同級生の母親が「ママ友から仲間はずれにされた」ことを理由に殺害してしまった事件をベースに書かれています。
特異な事件ではありますが、ベースに、どの母親でも経験する「ママ友との人間関係の悩み」や「他人への嫉妬」「子供への過剰な期待」「孤独な子育て」などの問題があるため、いろいろと世間の関心を引きました。

「森に眠る魚」はこの事件をベースに非常に丁寧に書かれたホラーだと思います。おすすめです。
by runa123 | 2009-06-30 15:10 | 最近読んだ本

ERの感想ブログ作りました。

とうとう買ってしまいました

自己トラバです。

ERの豪華DVDセットを購入したので少しづつ楽しみに見ています。
アメーバブログに感想を書いたブログを作成しましたのでよろしければ見てくださいね。
RUNA's Happy Hour

しかし、アメーバブログは高機能なのか、字が小さいというか見づらい。
携帯とかでバンバン更新する人向けなのかなー。

Season13と並行してみるSeason1はすべてのスタッフが若くて初々しい。
しかもCounty General Hospitalもまだきれい?笑
いろいろ感慨深いです。
by runa123 | 2009-06-28 23:48 | おすすめブログ

アイシテル~海容~

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)

伊藤 実 / 講談社

スコア:



先日までドラマが放映されていたようですが、友人のすすめで読みました。
小学5年生が小学1年生を殺害してしまうというショッキングな内容。

原作では被害者家族に重点を、ドラマでは加害者家族に重点を置いて描かれているようです。

この作品を読みながら、頭の中にはMr.Childrenの「タガタメ」が流れていました。


子供たちを加害者に、被害者にしないためには、どうすればいいんだろう。

子育てと言うのは、未来を創る大切な仕事なんだと重い責任を感じました。

原作には、加害者の子供には暴行された過去があり、それがきっかけとなっていました。
でも、実際のケースではこれといった理由もなく、人をあやめてしまうケースもあるのではないかと思います。

命というものを教える、そんな大それたこと、親だって必死に生きているだけなのに、できるだろうか。
いや、できなくても、しなくてはならないこと。

長崎で中学生の男の子が4歳児を突き落した事件の時も、同じく長崎で小6の女の子が教室で同級生を殺害した事件の時も、大人の私は無力さを感じました。加害者、被害者の両親の気持ちははかり知れません。

それでも向き合っていくしかないのでしょうね。未来のために。
by runa123 | 2009-06-21 11:32 | 最近読んだ本

危機的出血への対応ガイドライン

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

先週と今週、循環血液量を大幅に超える大量出血に遭遇し、お払いに行こうか真剣に悩んでいるrunaです。

学会の出している「危機的出血への対応ガイドライン」を読み直してしまいました。
http://www.anesth.or.jp/dbps_data/_material_/localhost/kikitekiGL.pdf

幸い、いずれの場合も患者さんは無事に手術室を退室することができ、状態も安定しているのでよかったですが、私くらいの浅い経験でも、50単位以上輸血しても出血をコントロールできず、ガーゼパッキング&大動脈閉鎖バルーンを使用してやっとのことでICUにたどり着いたという経験が2度ほどあります・・・・(心外でポンプがついたままICUへ行ったことはほかにも何度かあるけど・・・・)残念ながらいずれの患者さんも失いました。
もっと、自分にできたことがあったのではないか、と今でも思います。

今回の大量出血も、あらかじめ肝移植のように、覚悟を決めていればいいのだけれど、最近の2例とも、外科サイドは輸血のオーダーは最小限で、ちょっと考えてもらいたいと思いました。なにより、自分が麻酔の責任者(オーベン)として、ちゃんとオーダーさせなかったこと、あらかじめCVを確保するなどの対応を取らなかったことも深く反省。

それから片方の症例を担当した病院では院内の緊急用備蓄血が非常に少ないことを初めて知り、かなり肝を冷やしました。臨時でいく施設とはいえ、輸血の対応はどうなのか、把握しておかなかった自分の危機管理の甘さをこれまた深く反省。今まで働いていた主な施設はオーダーすれば必ずすぐ上がってくる施設だったので、それが恵まれているんだなあ、と痛感しました。

いずれの症例も不幸中の幸いだったのは予定の症例で日中の出来事だったので人手が十分にあったこと。
大量出血の対応には千手観音に変身したいくらい「手」がいるので・・・

More
by runa123 | 2009-06-18 23:03 | お仕事

うれしすぎる

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

昨日、担当症例が大量出血して本当に大変でした。
でもなんとか無事に終わりました。
おかげで娘のお迎えに行けず、パパに行ってもらいました。(Special thanks. )

へとへとで家に帰りついた私が
「ママ、もう疲れて死にそう」

というと、
娘がかけよってきて

「ママ、大丈夫?Mちゃんが守ってあげるからね!」
だって。

かわいすぎる。うれしすぎる。
疲れもふっとんだよーーーー。ありがとう。

最近、ときどき、私はこの小さい人に支えられてるなあ、と思います。


あ、ちなみに、娘のセリフはポニョのぱくりです。笑
by runa123 | 2009-06-16 17:47 | 子育て

とうとう買ってしまいました

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

「ER緊急救命室」 コレクターズ セット(1st~11th)(Amazon.co.jp豪華オリジナル特製ボックス仕様) [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:


がんばってる自分にご褒美!?
これで1話からゆっくり復習ができる。うっとり。
by runa123 | 2009-06-11 09:13

ママは優しいね

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

眠りにつく前、娘が私の目を見つめて言います。

「ママは優しいね。ママ大好き」

今日は特にイライラしていてあなたのことをたくさん叱りました。
ママーと呼んだのに、すぐに行ってあげず、「ちょっと待って」をたくさん繰り返しました。
「早くしなさい」とたくさん言いました。
「もういい加減やめなさい」と遊びをやめさせました。

「まったくもう・・・あんたって子は」とも言いました。


それなのに。

それなのに。

それなのに、あなたは、天使のように微笑んで「ママって優しいね」
っていうんだよ。

ごめんね。
明日はもっといい日になりますように。
by runa123 | 2009-06-08 23:25 | 子育て

充実

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

当直明けに病院の図書室に本を返しに行ったらDVDコーナーなるものがあることに気付きました。

「Dr.○○の診断法」などの若い研修医の先生向けのものがずらり。
へええ、充実していていいなあ。
こういう医療系DVDって自分で買うと結構高いし、しばらくすると見なくなっちゃうから図書室で借りられるっていいねえ。

と、思って棚を見てたら、なんと、下の段に私が多いにはまっている「ER緊急救命室」シリーズもあった。(もちろん全部じゃないよ。)
びっくり。

いいなあ、この病院で研修医したかった。笑
by runa123 | 2009-06-06 21:42 | お仕事

カンガルーケア

ある産婦人科医のひとりごと: カンガルーケアで安全指針

以前ニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/k10015295491000.html
でたまたま見ていたのだけど、最近お産の後に新生児を母親の胸の上にに寝かせる「カンガルーケア」に注意が促されているらしい。
ニュースに登場した親子はカンガルーケア直後に子供が心肺停止となり、蘇生後もおそらく低酸素脳症のため目を覚まさず3歳になる今も呼吸器につながれていた・・・

ショックだった・・・

私が娘を産んだ2年前。育児書とかお産の雑誌(ミーハーだけどたまごクラブとかそういうの)にはカンガルーケアをすると母子の関係がよくなるし、いいのだ、と書かれていたし、自分でもそれがいいのだろうと思って出産した病院の助産師さんに母子同室とカンガルーケアを頼んでおいたのだった・・・

今思い起こすと、私の場合は生まれた直後顔を見せてくれて、その後助産師さんと夫がとなりの部屋のインファントウォーマー下で出生後のチェックをして沐浴をしたあとに、LDR室に連れてきてくれたのだった。まあ、少なくとも30分は立っていたと思う。(だって会陰切開後の縫合もした後だったし)

LDR室でヘッドアップにもなっていたように思う。
出生直後の新生児を低体温にすること、母親の胸の上で水平にうつ伏せにすることとが無呼吸を助長するらしいと言われているそうだ。

良いといわれて導入されたことって10年とか20年しないと検証されないんだよね。たぶんカンガルーケアや母乳育児で良い面もあったと思うけど、リスクもちゃんとあるのだろう。
冷静に、柔軟に対応しないと大変なことになるんだな・・・と思いました。

参考url: http://www.s-kubota.net/kanri/index_12.htm


元気に暴れてる娘をぎゅーっと抱きしめて、「生きててよかった!!」と言ってしまいました。

c0045175_2561258.jpg


More
by runa123 | 2009-06-03 02:57 | 気になるニュース

pomera

msanuki.org さぬちゃんのブログ: 今更ながらポメラを使っている

買っちゃった。新しものずきなので・・・・

麻酔科医の人気ブロガー?讃岐先生も、産婦人科医有名ブロガーばみゅ先生もおすすめだったし。(どこまでミーハーなんじゃ。)

さっき初めて電源入れたけど、なかなか見やすいし、キーボードもそこそこ大きさあるし。
よさそうです。

コメントも募集してからはたくさんいただけるようになり、ちょっとブログ張り切ってみようかと思います。

ちなみに私のポメラも白です。
なまえはポメランにした。爆 (私のパソコンはやおいちゃん。)
何のシールを張ろうかな。笑
by runa123 | 2009-06-02 21:35 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
ある行政機関で働く集中治...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧