<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

輸血に関する外科医のスタンス

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
麻酔科にとって輸血は命綱。

このところ緊急の大量出血が続いて頭の中に「血の切れ目が縁の切れ目」なんて言葉が浮かぶようになってしまったよ。とほほ。

しかし・・・・

手術をする側の人間の輸血に対する姿勢って大きく分けて3通りある気が。

1)麻酔科の先生お任せします。タイプ
あまり出血しない科に多い。われわれにとってはラクチン。でも重症例になると術後の管理とかがちょっと心配。

2)輸血はできるだけしないでねタイプ
古いタイプの外科医に見られます。患者さんの家族に「輸血はしませんでした」って言うと「オペがうまくいった」印象をアップすると信じ込んでいる。困った人々。
輸血同意書さえ取るのを渋り、非常に迷惑。

3)輸血は栄養か治療薬と間違えているタイプ
ジャンジャン行っちゃってーー。血を止めるにはFFPを大量につぎ込まないと!
ってヲイ。止血ちゃんとしてくださいよ。ジャンジャン出てるときにポンピングで血圧上げろって言われても風呂の栓が抜けてるのにお湯を張れって言われてるのと一緒です。

っていうかね、輸血には副作用もあるし、一番簡便な臓器移植でもあるんだよ!!!
それに、善意の人々の貴重な献血だし・・・・

FFPは点滴する「ノリ」ではありませんから。


まあいずれにせよ、まずは血を出さないでオペしてほしいなあ・・・・ってヴェニスの商人か!?

人工血液が発明されたらノーベル賞かなあ・・・・
by runa123 | 2010-06-23 17:20 | お仕事

オレンジ色の憎いやつ。

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

最近私の心を奪って離さないオレンジ色のにくいやつ。

それは・・・・

コレ。

c0045175_3104095.jpg


スガマデックス、商品名ブリディオン。

6月1日からわが病院にもお目見えしました。

エスラックスをキャプチャーして瞬く間に患者を筋弛緩状態から解き放つ、魔法の薬です。

いやーすごい。


さっきまで完全に人工呼吸にのってた患者さん(TOF1-2)が、ブリちゃんを2mg/kgIVした30秒後ぐらいから自発呼吸を始めるし、TOF4になるし、数分後にはTV500以上でちゃうし、セボ飛ばして呼びかけたら

めがぱっちり。

この爽やかさはすごい。

しかも、筋弛緩が完全に切れているとすごく意識もクリアで受け答えもかなりはっきり。

今まで抜管直後にぼーっとしてたのは麻酔が残ってるんじゃなくって金縛りだったの!?って感じです。

お高い彼ですが、もう離れられませ~ん。
by runa123 | 2010-06-18 03:14

救児の人々~医療にどこまで求めますか

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

救児の人々 ~ 医療にどこまで求めますか

熊田梨恵 / ロハスメディア

スコア:



とても気になっていたので、発売とほぼ同時に購入しました。

学会の行き帰りに読みました。

うちの病院も総合周産期をうたうようになってNの先生方にはいつもお世話になっています。
人数もたくさんいて、とても頼もしいです。

だけど、早産で小さく生まれてきた子たちを見ると、がんばれ、と思うと同時に、これから彼らと家族を待ち受けている未来の試練に、かすかにため息をついてしまいます。

産科救急の受け入れがうまくいかないのは後方を支えるNICUの空きがないことが非常に多いと聞きます。だけど、NICUを増やすだけで万事めでたしめでたし、なんでしょうか?

そんな問題提起をしてくれる一冊です。

NICUにお世話になった家族、NICUで働く医師、その後を支える重症心身障害児施設の医師、そして、福祉を勉強して記者になった筆者。それぞれの目線で今の日本が抱える「新生児医療」「周産期医療」の光と影を書きだしています。


私が一番気になった部分を抜粋します。
これは青森県の総合周産期センターのNICUの部長A先生の言葉です。

国は子供の数を増やしたいんだろうけどと思うんですけど、現状では子供をもうけることにリスクの多すぎる社会ですよね。非正規雇用が増えていて、正規社員といえども働きながら子育てするということがすごく困難な状況にあります。今は若年女性に対してこういう厳しい状況ですから、キャリアをそれなりに積んでからでないと安心して子育てができないと思うのは、それは仕方ないですよ。なんい、社会的に安心して子育てができる世になったころには、生物学的にはリスクが高まっているわけです。(中略)親が今まで個人として築いてきたものを捨てないと子供を育てられなくなっているわけでしょう。これはすごくリスクを個人に負わせてしまっていますよね。その背景には、子供を社会の共有財とみなすのではなくて、親個人のものだから、という考えが根本的に、日本の文化というか、為政者の哲学として存在しているからなんじゃないかなという気がするんですね。



菅さんは「最小不幸の社会を」とおっしゃっていますから、こうやって救われたけど、後は地獄みたいな、そういう社会じゃなくしてほしいですね・・・新生児も高齢者もですが・・・

ぜひ、医療にかかわる人も、そうでない人も、ご一読を!!!
by runa123 | 2010-06-14 01:53 | 最近読んだ本

エキブロもついに・・・

エキサイトブログでもtwitterを楽しめるようになりました。

だそうです。

ついったーでもぶろぐでもいいんで、コメントおまちしています。
最近さみしーです。
by runa123 | 2010-06-06 01:00 | twitter

学会無事終了

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

博多から帰宅しました。あっという間の2泊3日でした。
この二日間で通りすがりのご挨拶も含めてたくさんの知り合いに会うことができ、うれしかったです。会いたくても会いそびれちゃった方もたくさんいましたが・・・・

二日間、興味のあるセッションを中心に見ていたのでいつもの学会より楽しく参加できた気がします。

旧職場のほうはいろいろと大変そうでしたが、後輩が最優秀演題を獲得し、一応内容にかかわっていたのでうれしかったです。

現職場は今回たくさんの演題が採用されてかなり大所帯で来ることができてとてもハッピーでした。
来年は神戸!

またがんばって演題出して行くぞーー!

留守番してくれたパパ、待っていてくれた娘ちゃん、どうもありがとうございました!
by runa123 | 2010-06-06 00:26 | お仕事

See you in Fukuoka!

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。
やっと学会へ行く準備ができました。
毎日疲れてバタンキュー(死語)で、これで本当に学会に行けるのか?という感じでしたが今日はなんとか定時に上がれて荷物の準備ができました。

チビちゃんは今回は置いていきます。パパがんばってー。
「明日からママはお仕事でいないよ」といっても、月4回当直があるので全然へっちゃらな娘。
ちょっとさみしい母です。

しかし去年はインフル騒ぎで学会に行けなくなり、久しぶりの学会です。
楽しみーーー。

取り敢えず明後日の発表をなんとかやっつけます。

twitterでつぶやきますので、お近くにいたら見つけてね!?笑
ではでは。
by runa123 | 2010-06-03 01:04 | お仕事


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
いちから出直し救急・集中...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧