<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

女性の時代

NHK クローズアップ現代 “ウーマノミクス(女性経済)”が日本を変える

子供のお絵かきの相手をしながら見ました。ご飯を作りながらだったのでとぎれとぎれにしか見ていないのですが、とても興味深い内容でした。

女性の活躍が社会の活性化には欠かせない時代になったということ。
高齢化が進み、労働人口が減少する中、「男も女も働かなければやっていけない」という時代になり、女性を「活用する」のではなく「女性に活躍してもらう」ことに期待している企業が多くなっているらしい。

今まではしぶしぶ女性を使っていた企業が、今は女性に注目して、女性の意見に進んで耳を傾けようとしている。うれしい変化ですね。

女性が働く上での問題はやはり子育て期間をどう乗り切るか、ということ。日本は第一子を出産した後の離職率が諸外国に比較して高いらしいです。ここを職場が積極的にサポートすることが大事なんだろうなあ。

そして女性が仕事をすると少子化に拍車がかかるのでは?という懸念も、女性の就業率が高い国では出生率も高いらしく、女性が生き生きと働ける社会でこそ、子どもも生みやすい、ということなんだろうと思いました。

私の職場にも産休、育休中の女医さんがいます。とても優秀な彼女たちがこのまま職場を離れてしまうのは職場としても大きな損失だし、私も残念です。だから彼女たちが復帰するところを職場全体で支えて、長く働いてもらいたいなあと思います。

このクロ現をみながら、「もののけ姫」でアシタカがエボシ様の村を訪れて「いい村は女性が元気と聞いています。」と言ったセリフを思い出しました。

よい職場は女性が元気な職場に違いありません!
by runa123 | 2011-01-12 04:12 | 最近見たテレビ

成人の日に

Good News Collection: 「成人の日に」谷川俊太郎
成人の日に 谷川俊太郎

人間とは常に人間になりつつある存在だ/かつて教えられたその言葉が
しこりのように胸の奥に残っている
成人とは人に成ること もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている
完全な人間はどこにもいない
人間とは何かを知りつくしている者もいない
だからみな問いかけるのだ
人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ その問いに
毎日のささやかな行動で
人は人を傷つける 人は人を慰める
人は人を怖れ 人は人を求める
子どもとおとなの区別がどこにあるのか
子どもは生まれでたそのときから小さなおとな
おとなは一生大きな子ども
どんな美しい記念の晴着も
どんな華やかなお祝いの花束も
それだけではきみをおとなにはしてくれない
他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で
いまあるものを組み なおしつくりかえる
それこそがおとなの始まり
永遠に終らないおとなへの出発点
人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ


 出典:「魂のいちばんおいしいところ」(谷川俊太郎詩集 谷川俊太郎/著 サンリオ 1990.12p.92-94)

成人式は遠い昔になりましたが、私もまだ、「人間が人間になるつづけるための修行」の真っただ中にいます。

若い人の少ない時代に突入しています。
若い人が苦しい時代が続いています。
でも希望と、みずみずしい心で、新しい時代を切り開いていくのは、若い力。

自分も若い人のはしくれとして?これからの時代をよりよくするために何ができるのか、考えながら生きていきたいです。そしてこれからの若い人たちを大いに応援したいです。
by runa123 | 2011-01-10 23:05 | About me

健康第一

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

正月三が日・・・・お休みをいただいて家族で楽しく過ごす予定・・・だったのに。
昨日、食あたりでダウンしてしまいました・・・・

めったに胃腸系にこない私は気持ち悪さに起きあがることもできず。
ああ、PONVのつらさってこんな感じでしょうか。本当にお気の毒です。

というわけで夫にすべての家事・育児をやってもらって私のだめ嫁っぷりは加速度を増しています。orz

本当に健康が一番!
よく寝て、よく食べて、よく笑う!!

そう痛感しましたです。

皆様もどうぞお体を大切に。
by runa123 | 2011-01-04 06:21 | About me

あけましておめでとうございます 2011

人気ブログランキングへよろしければ、クリックお願いします。

あけましておめでとうございます。

お正月、いかがお過ごしですか?
私はいつも通り、家族で夫の実家へ。今日は私の実家へ行きます。
というわけでおせちもお雑煮も作らず、実家でお母様たちに甘えさせてもらっているダメ嫁です。

娘はいとこたちに遊んでもらえて本当にうれしそうでした。
いつも長時間保育園でお友達と遊んでいるので、やっぱり子供同士で遊ぶのが楽しいみたいです。
家にいるとついついテレビを長時間見ちゃったり、あれこれ部屋の中で暴れて叱られたりしちゃうしね。

仕事も、家庭も楽しみたい!
私はネクラな性分で(誰も信じないが・・・)、ついつい物事を暗いほうへ考えがち。(麻酔科医の特徴か??)

でも同じことをするなら楽しくやったほうがいいですよね!!


というわけで今年はブログでの目標は面白い麻酔科系記事を読んで紹介する!ということにしたいと思います。
ちなみに、あちこちのブログですでに紹介されているものを読んでいる場合もあります。
その時はできるだけ元ブログ、紹介していこうと思いますが、忘れちゃってたらごめんなさい。


では第一弾。
hypoxia research blogで有名なK大学H先生のつぶやきから気づいた、この記事。

Sleep Deprivation, Elective Surgical Procedures, and Informed Consent

ある外科医が11時に急性腹症の患者の診察に呼ばれた。数時間の検査ののち、麻酔科医を読んで腸切除を行った。手術を終えてオペ記載を書いたら朝の回診の時間だった。外科医は一晩中寝ていないが、9時から予定の大腸切除の手術があった。外科医は患者に前の晩24時間寝ていないことを話し、新しくインフォームドコンセントを取る義務はあるだろうか??外科医は患者に手術を延期したり、別の外科医にやってもらうという選択肢を与えるべきか?病院はオンコールで呼ばれる日の翌日に外科医に予定手術をさせてよいか?24時間以上起きている外科医に予定手術をさせてよいか?臨床医の睡眠不足を公表することで意図されない結果は何が考えられるか??


こんなこと、しょっちゅうありますよね?

「せんせー、昨日は大変でしたねー。」
「そうなんだよー。全然寝てないんだよーー。」
「がんばってくださいねー。」
なんて会話、してませんか?

「私も寝てませ~ん」って時もあるかもしれませんが。

術者も麻酔科医も24時間寝てないってことを知ったら患者さん、どう思いますかね?
そんな人に手術されちゃ困る、けど、他の人の手術のせいで自分の手術を遅らされても困る、ってとこでしょうね・・・・

この記事では
・睡眠不足による技能の低下はアルコール中毒に匹敵する
・研修医に関しては24時間週7日のオンコールをカバーするのに疲れすぎないように、卒後1年目は16時間のシフトのあとは8時間のオフを義務付けてているが、上級医には適用されない。
・前日のオンコールで6時間以下の睡眠時間しかなかった外科医によって行われた予定手術での合併症(大量出血、臓器障害、創嘴開など)のリスクの増加は83%!
ことなどが載っています。

対策として、
忙しいオンコールをする医師は翌日の予定手術を避けるようなシステムを標準化するべき。
また、予定手術をする医師が前日寝ていない場合には積極的に手術の予定を変更するか、少なくとも患者にインフォームドコンセントを再び取ることを義務付けるべき。
と筆者は主張しています。
予定手術の変更というのは、患者にとっても、スタッフにとっても、また病院にとっても影響が大きく(Table1
それを担当医一人で対応するのは大変なこと。義務化するような法律を作らなければ、きっとその面倒さに仕方なく、寝ていないことを黙って手術をせざる得ないでしょう・・・・

でも患者だって、24時間医師が寝ていないことを知っていたら80%が他の医師に手術をお願いしたいと思っているそうです。危険度の増加、患者の希望から、やはり、病院は外科医、麻酔科医が前日勤務で寝ていない場合は積極的に手術予定を変更(術者・麻酔科医の変更を含めて)する決まりを作るべきでしょう。


Sleep Research Society(SRS)は「予定手術前の24時間のうち22時間以上起きていた場合は「患者にインフォームドコンセントを得る」ことをモデル事業として制度化することを承認しています。ちなみに、アメリカ睡眠医学学会とSRSは同様の法律を運転に関しても制定しているようです。


さて・・・・こんな決まりができたら、外科医も麻酔科医ももっと眠れるようになるかしら。
それとも「寝ていない外科医・麻酔科医でも仕方ない」って同意する人が増えるだけでしょうか・・・・
by runa123 | 2011-01-02 17:56 | About me


女性麻酔科医るなの日々思うことなど・・・


by runa123

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

解析

Amazon

カテゴリ

全体
About me
お仕事
映画
最近読んだ本
好きな音楽
最近見たテレビ
気になるニュース
おすすめグルメ♪
ヘルスケア
おすすめブログ
子育て
文化的体験
欲しいもの
ダイエット
サポートメール
twitter
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
more...

お気に入りブログ

内科開業医のお勉強日記
つれづれ叫び
救急医療って難しい…。2...
Rosslyn Papers
雪だるまのつれづれ・・・
生きるすべ IKIRU-...
qq14
テノリ外科医
(旧)とりあえず俺と踊ろう
ブラックジャックとほりぞん
麻酔科医さぬちゃんの倉庫...
心臓外科医のひとりごと
電脳麻酔ブログ
東可児第13同盟
水草のりこのラフスケッチ
わかて(?)麻酔科医の日記
ある行政機関で働く集中治...
Ricetta d'Or...
不不惑
KOTARO(の妹)が行...
team nakagawa

最新のトラックバック

今年を振り返って
from るなのひとりごと
今年の総括
from るなのひとりごと
今年の総括と来年へ向けて
from るなのひとりごと
もうすぐ専門医試験ですね
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
帝王切開時の抗生剤投与の..
from るなのひとりごと
大切な意見
from るなのひとりごと
やったね!カー娘。
from るなのひとりごと
男子ハーフパイプ
from るなのひとりごと
ミシンデビュー
from るなのひとりごと

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
子育て

画像一覧